笠置の桜「笠置駅・笠置山・笠置寺」
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!


JR笠置駅付近の桜並木

JR笠置駅

笠置駅へは国道163号線から笠置大橋を渡ります。 笠置駅付近の鉄橋、桜の回廊を走るキハ120形気動車、撮影には絶好のポイントです。入場券を買い求めて駅舎内へ、ホームに渡る橋の上から見ると桜の駅にふさわしい光景に感動、駅舎周辺にも多数の桜が植えられ、笠置駅から関西本線沿いに東海自然歩道(ハイキングコース)が敷設されておりハイキングの方も多い。この笠置駅付近一帯は「日本のさくら名所百選」にも選ばれており、期待を裏切らない光景です。
(写真は、JR笠置駅付近の桜並木… 写真更新日 2011.4.13、.2006.4.15)



 

木津川に架かる「笠置大橋」と笠置山 JR西日本・関西本線「JR笠置駅舎」
後醍醐天皇元弘の乱「笠置山の戦い」を再現。 JR笠置駅プラットホーム

 

陸橋でプラットホームに渡ります。 「キハ120系」通勤通学時間帯は、2両編成で乗客の少ない時間帯は1両(単行)で走っています。
「キハ120系」1両(単行)加茂・奈良方面 「キハ120系」1両(単行)

 

虚空蔵磨崖仏(高さ12m、幅7m、高さ9m)

本尊「弥勒大磨崖仏」高さ16m、幅15m

笠置寺山門

修行の山「笠置寺」

笠置寺は標高288mの笠置山の山頂にあり京都と奈良両府県境に位置しています。 笠置寺の創建は古く、既に2000年前から笠置山の巨岩は信仰の対象となっていた。 奈良時代に東大寺の良弁正 と忠実和尚が大岩石に磨崖仏を刻んで一大修験場にしたのが始まりだと云われ、境内は一周800mの「笠置寺修験場めぐり」があり、大磨崖仏、岩のトンネルをくぐる「胎内くぐり」、叩くと音がする「太鼓石」、親指で動かせる「ゆるぎ石」、蟻の戸渡りなど楽しめます。 京都府相楽郡笠置町笠置山  TEL0743-95-2848  「入山拝観料大人:300円」 (写真は、笠置寺…2006.4.15.撮影)



 

笠置の河川敷のキャンプ場

JR笠置駅の看板

ローカルムードの漂うJR笠置駅「改札口」

笠置駅のホームへは陸橋を渡ります。

ホームと木津川沿いの桜並木が満開

桜をバックに笠置駅のホーム

桜をバックに笠置駅のホーム 桜の回廊から「キハ120系」が現れます。 「キハ120系」

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved