八幡平
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

八幡平のワタスゲの群生
火山湖や高層湿原を巡る”花”トレッキング
 

奥羽山脈北部の東北地方、おすすめドライブルート。 秋田県と岩手県にまたがる八幡平アスピーテライン(全長約27km)の山岳道路です。 標高1,613 mの山頂へは、標高ごとに景色が変わっていくのがよく分かります。 強風で枯れたアオモリトドマツ原生林の中を車で走り抜けて山頂へ到着すれば、ひんやりと気温差を感じる、とても涼しい。 (写真は、八幡平「ワタスゲの群生」… 2007.7.7)




八幡平山頂へ続く登山口 ガマ沼
八幡沼展望台 八幡沼展望台
八幡沼 木の遊歩道
ワタスゲの群生
 

八幡平山頂レストハウスの駐車場に車を止めて、最も手軽なトレッキングコースを選択、見返峠からガマ沼と八幡沼の展望台(ガマ沼から徒歩8分で山頂)からは岩手山をはじめとする雄大な景観が一望できます。 一瞬、自分の目を疑うほどの光景に感動しました。 高山植物を見ながら八幡沼を一周するコースです。 八幡沼は深いブルーに輝き周囲には、ミズバショウ、ニッコウキスゲ、チングルマ、ワタスゲなど季節ごとの高山植物や湿原の花々を眺めることができ初夏に向けて色んな花が咲いていきます。 木道沿いに写真を撮りながら約2時間余りトレッキングコースを歩けば、山頂のさわやかな風が心地良い。



 

真っ直ぐに続く、木の歩道 水芭蕉 シラネアオイ
ニッコウキスゲ イワカガミ サンカヨウ
ワタスゲ コバイケイソウ 八幡平山頂からの眺望(所々白く見えるのは残雪と手前は駐車場)

「旅と散策」のTOPに戻る


Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved