高台寺
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 


高台寺庭園の枝垂れ桜
秀吉とねねの寺 「高台寺」
 

東山霊山の山麓、八坂法観寺の東北にある。 正しくは高台寿聖禅寺といい、豊臣秀吉没後、その菩提を弔うために秀吉夫人の北政所 (ねね、出家して高台院湖月尼と号す) が慶長11年 (1606年) 開創した寺である。 寛永元年 (1624) 7月、建仁寺の三江和尚を開山としてむかえ、高台寺と号した。 造営に際して、徳川家康は当時の政治的配慮から多大の財政的援助を行なったので、寺観は壮麗をきわめたという。 しかし寛政元年(1789)以後、たびたびの火災にあって多くの堂宇を失い、現在残っているのは旧持仏堂の開山堂と霊屋、傘亭、時雨亭、表門、観月台等で国の重要文化財に指定されている。
(写真は、高台寺前庭の枝垂れ桜 2008.4.5 「拝観料大人:600円」  TEL:075-561-9966

高台寺のHPは、http://www.kodaiji.com/index.html



庫裡 方丈前庭の枝垂れ桜
観月台と開山堂 臥龍池と開山堂
高台からの境内「方丈」手前には、石楠花の花が咲きかけ… 霊屋(秀吉と北政所をお祀りしているところです。)

高台寺駐車場 唐門と方丈前庭の枝垂れ桜 遺芳庵
臥龍廊(開山堂と霊屋を結ぶ階段で龍の背に似ているところから名付けられた。) 傘亭と時雨亭(茶席)
傘亭と時雨亭(茶席) アセビ(馬酔木)の花が咲いています。 境内は広く、竹林があります。
台所坂 ねねの道も桜が満開

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved