安土城跡
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

安土城跡「天主閣址」
安土城跡
 

織田信長公が天下布武の象徴として、標高199mの安土山に1576年 (天正4) に築城した。 1579年 (天正7) に信長が入城。 外観5層内部7階 (地上6階地下1階) の華麗な天主をもっていたとされる城は、本能寺の変の数日後、完成からわずか3年で焼失した。 今は石垣が残るのみだが、1989年から20年間で発掘調査環境整備が行われた。 登り口から天主跡までは徒歩約30分。 「国指定の特別史跡」 
「入城料大人 : 500円 ・ 駐車料無料」 (写真は、安土城跡「天主閣址」… 2010.5.30)  




大手道 信長公御廟
三重塔 二王門

織田信雄四代供養塔
信長によって安土城が築城された当時、安土山は西の湖と伊場内湖によって三方を湖で囲まれていたとされるが、第二次世界大戦後学徒動員によって内湖は干拓され、現在では埋め立てられて小さくなった西の湖が安土山の西側に残る。

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved