世界遺産 スプリット観光
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

ディオクレティアヌス宮殿

世界遺産「スプリット観光」

 

スプリットはカシテラ湾とスプリット海峡の間にある半島に位置し、温暖な地中海の魅力に包まれ、ザグレブに次ぐクロアチア第2の都市です。 古代ローマ皇帝が造った、1.700年前の遺跡と、そこに住む人々との営みが渾然一体となった不思議な街並みで、世界でも珍しい歴史をもつ旧市街は不思議な情景を造る世界遺産です。 (写真は、ディオクレティアヌス宮殿… 2017.5.16




城壁南側の通りは、かつては海だった部分で、現在はテラス席のカフェ立ち並ぶ。 青銅の門から階段を下りると宮殿の地下、皇帝住居の地下層に、かつては倉庫に使われていました。
広場の東隣にある八角形の建物。 正面が皇帝の入口、現在は「大聖堂」
ローマ時代はこうなっていました。 旧市街は人々の生活感が満ちています。

ディオクレティアヌス宮殿

 

3世紀末、内戦の絶えなかったローマ帝国を安定に導いたディオクレティアヌス帝は、20年の統治ののち305年に退位。生まれ故郷のサロナに近いスプリットに宮殿を建て移り住みます。 宮殿の塀の高さ20m、215m×180mの強固な城壁で囲まれた領域で東西南北に城門があり、その門は「金の門」「銀の門」「銅の門」「鉄の門」と呼ばれていたようです。
7世紀にスラブ系民族の侵攻によりサロナが廃墟となると、逃れてきた住民が宮殿の石材を利用して新たな町を造り住み着き、スプリットは発展していきました。

現在のディオクレティアヌスの宮殿は、市民の憩いの場となり、ドーム天井の前庭や、皇帝の胸像や机、ローマ時代の水道管などが展示された宮殿地下など、随所に往時を彷彿させる遺構が残されています。 ちなみに13〜14世紀には、ディオクレティアヌス帝の霊廟は大聖堂へと姿を変えました。 そうして出来上がったのが、この街で、城壁の中に600人ほどの住人が実際に生活しています。
古代の遺跡とその中で日々の生活を営む人々。この不思議な光景こそがスプリット最大の魅力です。



 

スプリットに宮殿を築いた「ディオクレティアヌス帝」 宮殿地下のお土産店。 石造の圧搾機。オリーブの圧搾に使われていました。
広場に鎮座するスフィンクスの像。 前庭で美声を披露するクラバのグループ。 左足の親指を触ると幸せになれると言われています。 多くの観光客が触ってきたからか、親指はピカピカになっています。
前庭(皇帝の私邸の玄関口) もともとはディオクレティアヌス帝の霊廟として建てられたもの、8世紀ごろに大聖堂へと造り変えられました。 金の門を出た所に建つ「グルグール司教の巨大な像」
鉄の門(宮殿西側ニあり、ナロドニ広場に面して開いています。) 金の門(城壁の東西南北に4つの門が開いています。) 銀の門(宮殿東側の門、門の外は青空市場。)
露店が立ち並ぶ青空市場。 青空市場で、店先を眺めながら歩くのも楽しい。 ホテルカタリーナ

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved