長野県、「白馬ジャンプ競技場」
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

白馬ジャンプ競技場

白馬ジャンプ競技場

 

白馬ジャンプ競技場は昭和62年に基本設計を行って以来、6年の歳月をかけて平成4年11月に完成しました。 1998年長野冬季オリンピックでは、感動のステージとして、日本はもちろん世界的にも脚光を浴び広く知られました。 ノーマルヒル・ラージヒルの間にあるリフトに乗車すると地上約140mの高さにあるスタート地点まで登ることができます。 また、平成26年にはスタートタワーの中2階にオリンピックギャラリーを新設しています。 (写真は、白馬ジャンプ競技場… 2019.6.30




リフト乗車券大人往復:460円。  ノーマルヒル・ラージヒルの間にあるリフトに乗車すると地上約140mの高さにあるスタート地点まで登ることができます。
138mのラージヒルの頂上からはスリル満点の景色が広がります。(白馬村を望む) ノーマルヒルジャンプ台で練習する選手たち。
平成26年にはスタートタワーの中2階にオリンピックギャラリーを新設。 1998年長野冬季オリンピックで使用されたジャンプ台。

長野冬季オリンピックのジャンプ団体競技

 

1998年2月17日、長野五輪スキージャンプ・ラージヒル(K点120m)団体で「日の丸飛行隊」が悲願の金メダルを獲得した。

1本目は4位に甘んじた日本。 しかし、2本目に入って岡部孝信、斉藤浩哉が飛び終わった時点でトップを奪回。 原田雅彦が137mの大ジャンプを飛んで優勝に大きく近づいた。 そして誰もが祈る思いで見つめた4番手、船木和喜も美しい飛型を描いて125mのジャンプを飛び、見事に着地。日本はラージヒル団体で金メダル獲得。

白馬八方温泉

 

日本有数の高いPH値を持つ白馬八方温泉のやわらかな湯が全身をいたわります。

泉質:アルカリ性単純温泉(pH値11.2)。
効能:疲労回復・神経痛・関節痛・筋肉痛・冷え性など。



 

「幸運の金のリフト」に乗る、No.1リフト。 ノーマルヒルジャンプ台で練習する選手たち。 ノーマルヒルジャンプ台のスタート地点。
入場ゲート(ジャンプ台の下をくぐり、リフト乗場へ) 長野オリンピックエンブレムデザイン。 観客席は二カ所。選手が着地するランディングバーンをL字型に囲む形の芝生席タイプに約2万人、ラージヒル右側下方の斜面には約2万5千人を収容するスタンドを設けた。
長野冬季オリンピックの金メダル展示。
北アルプスの雄大な美しい自然に抱かれた白馬東急ホテル。 北アルプスの迎賓館にふさわしい木と天然石のコントラストが美しい吹き抜けのエントランス。 シャモニーフレンチコース料理。
魚料理 肉料理 白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳の白馬三山(しろうまさんざん)をバックに村の花「カタクリ」を描いた蓋。

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved