小坂の滝めぐり、「唐谷滝・あかがねとよ」
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

                 かんだて公園 巌立峡 三ツ滝 唐谷滝・あかがねとよ

柱状節理の岸壁と「唐谷滝」

小坂の滝めぐり

 

かんだて公園の駐車場から、林道を約2km走ると林道沿いに「唐谷滝、あかがねとよ」の標示板があります。 遊歩道入口には車5台程の駐車場があり、ここから滝見の遊歩道を通り沢まで下ると、「唐谷滝」と「あかがねとよ」、2つの滝を見ることが出来ます。 壮大な唐谷滝は天気の良い日には、滝壺の近くに虹が架かります。 また、岩壁は溶岩で柱状節理状になっています。 (写真は、柱状節理と「唐谷滝」・… 2020.10.7)

小坂の滝めぐりのHPは、https://www.osaka-taki.com/



 

「唐谷滝」は柱状摂理の岩壁を高さ15mから一気に落下する迫力ある滝で、緑色の大きな滝壺が印象的でした。 この滝「あかがねとよ」、この日は水が極端に少なかったんですが滝壺の水の青さはとても神秘的でした。

唐谷滝(からたに)

 

唐谷滝 (落差:15m)。 本流の滝だけあって水量も豊富で、見事な岩盤の間を激しく流れ落ち、壮大な滝は天気の良い日には、滝壷の近くに虹が架かります。 岩壁は溶岩で柱状節理状になっています。 「唐谷」との合流にあるところから「滝名滝」の名がつきました。

あかがねとよ

 

あかがねとよ (落差:14m)。 「あかがね」は銅を意味し「とよ」は「雨樋」を意味します。 渇水期になると雨樋に程水が流れませんが、滝壷には水があります。 これは、上流で溶岩の下を伏流するためで、滝の名がつかない滝は小坂ではここだけです。



 

 

かんだて公園周辺の地図

 

 

かんだて公園(駐車場)からは約2km走った左側に、滝見の遊歩道入口に車5台程の駐車場があります。 滝見の遊歩道を通って、沢まで下ります。 駐車場から遊歩道を下りて、狭い板の橋を渡ると2つの滝に出会います。
看板が表示(左側が唐谷滝、右側があかがねとよ)です。 「あかがねとよ」滝壺の水の青さが神秘的です。 「唐谷滝」は柱状摂理の岩壁を高さ15mから一気に落下する迫力ある滝で、緑色の大きな滝壺が印象的です。

 


Copyright(c) 2002 - 2020 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved