應聖寺
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

門前の浄意橋を渡る…
いのち輝く沙羅の寺…「應聖寺」
  應聖寺は、比叡山延暦寺を本山とした、天台宗のお寺で、今から1300余年前の白雉年間に、天竺の高僧法道仙人によって開基されたと伝えられています。 別名「沙羅の寺」としても有名です。 境内には数多くの沙羅の花が咲き、朝に咲いて夕方には散り落ちる 「一日花」 とも言われ、はかなく無常の象徴です。 平家物語の 「沙羅双樹の花の色…」 の文言はあまりにも有名です。 仏教の祖・釈迦もこの木の下で入滅した。 また本堂裏手には江戸中期の池泉鑑賞式庭園が広がり、四季色取りどりの花の名所として知られています。 (写真は、門前の浄意橋を渡る… 2006.6.17)


 

涅槃の庭に、仏頭と仏足を石で刻み、涅槃の庭には、仏頭と仏足が横たわる。 涅槃の庭に、仏頭と仏足を石で刻み横たわる。
門前の池に咲く睡蓮   散り落ちた清楚な花

沙羅の花がちらほら セッコクの花が見事に満開!
 沙羅の餅 秋の紅葉には訪れるひとも多い。

         第八番  妙見山 應聖寺 [ おうしょうじ ]
     應聖寺の花お守り
 宗派:天台宗
 本尊:聖観世音菩薩像
 開基:法道仙人
 創建:白雉年間(1300余年前)
 〒679-2217 兵庫県神崎郡福崎町高岡1912
 花ごよみ:6月中旬〜7月中旬 沙羅の花、セッコク、睡蓮、秋 紅葉。
 交通:JR播但線「福崎駅」下車、タクシー約8分。
 TEL:0790-22-1077
 拝観料:200円。
 駐車場:無料。
 見所:史跡名勝庭園

関西花の寺二十五ヵ所TOP
第七番・如意寺  第九番・鶴林寺

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved