祇王寺
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

紅葉に埋もれた秋の「祇王寺」
奥嵯峨、紅葉に埋もれた「祇王寺」
 

「平家物語」 に登場する祇王が尼となり、母と妹とともに移り住んだと伝わる寺院です。 美しい青竹やカエデに覆われ、一面の苔に包まれた庭園とかや葺の庵、仏間には本尊の他、祇王、祇女、刀自、仏御前の4尼と清盛の木像が祀られています。 庵内の控えの間にある窓は、光の入り方によって影が虹色に映るという不思議な窓です。 また紅葉シーズンの終盤にさしかかる頃、紅葉が庭いっぱいに散り、いっそうの哀感を漂わせます。 (写真は、紅葉に埋もれた秋の 「祇王寺」… 2008.11.30)   

祇王寺のHPは、http://www.giouji.or.jp/top.html 



祇王寺の山門 祇王寺の入口
祇王寺の竹やぶ 祇王寺の庭

祇王寺の玄関 控の間の吉野窓
「宝筐印塔」 正面向って左宝筐印塔が、祇王、祇女、母刀自の墓、右の五輪塔は、清盛公の供養塔、いずれも鎌倉時代の作、重要参考品とされている。 紅葉に埋もれた玄関の横庭

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved