安乗埼灯台
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

公園東屋からの安乗埼灯台を眺める…
安乗埼灯台
 
太平洋に突き出た安乗埼に立つ白亜の灯台。 日本の灯台の母であるブラントン技師によって明治6年4月に点灯しました。 その当時は木製で八角形の形をしておりましたが、昭和23年に、四角形に生まれ変わっています。 灯台周辺に広い芝生広場があり、公園内には灯台資料館があり、この地で撮影された「喜びも悲しみも幾歳月」の映画も紹介しています。 全国の灯台の歴史資料や八角形だった旧安乗埼灯台のミニチュアが展示されています。 「日本の灯台50選」にも選ばれている。
(写真は、公園東屋からの安乗埼灯台を眺める… 2010.1.4
)  



昭和23年に、現在の四角形鉄筋コンクリートに生まれ変わった。 200円入場料、360度眺めは最高です
展望台は結構広くなっています。
安乗埼灯台から望む公園。 安乗埼灯台から望む太平洋。

初代の灯台は最古の木造灯台。 安乗埼灯台
灯台資料館展示室(無料) 初代の灯台は最古の木造灯台。

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved