掛川城
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!


掛川城天守閣
掛川城天守閣と二の丸御殿
 
室町時代、駿河の守護大名今川氏が遠江進出を狙い、家臣の朝比奈氏に命じて築城させたのが掛川城のはじまりです。 戦国時代には、山内一豊が城主として10年間在城。働き盛りの一豊は大規模な城郭修築を行い、天守閣、大手門を建設すると共に、城下町の整備や大井川の治水工事などに力を注ぎました。掛川は、一豊の人生にとって大きな意味をもつ土地であり、高知城は掛川城を模して作られたとも伝えられています。 現在の掛川城は、平成6年4月に「東海の名城」と呼ばれた美しさそのままに、日本初の「本格木造天守閣」として復元されたものです。 「入館料大人:300円」 周辺に市営駐車場有(有料)
(写真は、掛川城「天守閣」… 2010.9.23)  



「大手門」大手門は天守閣に続いて平成7年に復元されています。掛川城の表玄関にふさわしい桜門造りの本格的な櫓門は、木造日本瓦葺き入母屋づくり。白壁で板ひさしが配され、棟上にはシャチ瓦が飾られた勇壮な構えです。 掛川城天守閣
掛川城天守閣「入場券」 掛川城天守閣
霧噴き井戸
 
西から徳川家康、東から武田信玄に攻められた駿河の今川氏真は、重臣朝比奈泰朝の掛川城へ逃げ込みます。 この城を落とそうと家康が攻撃を仕掛けた際、井戸から立ちこめた霧が城をすっぽりと覆い隠し、徳川軍は攻撃できなくなったといいます。 以来、掛川城は「雲霧城」とも呼ばれるようになりました。 この霧吹井戸は、天守台の脇に現存しています。



天守閣からの城内の眺望 天守閣から掛川市街地のの眺望
掛川城二の丸御殿 掛川城二の丸御殿内部
二の丸御殿
 
城主の公邸、藩の役所、公式式典の場などとして使用されました。 現存する御殿は、江戸時代後期に再建された建物で、全国で数ヶ所にしか残っていない大変貴重なもの。 昭和55年、国指定の重要文化財に指定されています。



「大手門番所」江戸時代末期に建てられたこの番所は、場内に出入りする者を監視する役人の詰め所。 掛川城入口 「太鼓櫓」城下に時を知らせるための大太鼓を納めてあった建物。
霧吹き井戸 天守閣の階段は狭くて急です。 「二の丸茶室」掛川城を見ながら掛川茶を楽しむ事ができます。
二の丸御殿の玄関(屋根の起破風と蕪懸魚) 掛川城二の丸御殿 「太鼓櫓」掛川城御殿の広間に当時使われた大太鼓が現存しています。

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved