平城遷都1300年祭
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

平城遷都1300年祭「第一次大極殿」
平成遷都1300年祭(平城京跡会場)
 

平城宮跡は、西暦 710年に、藤原京から遷都された平城京の中核です。 当該宮跡地は、当時の天皇の住居や政治・国家的儀式を行う場として、学術的に貴重な価値を有することから、国の特別史跡に指定されるとともに、1998年、平城宮跡を含む 「古都奈良の文化財」 がユネスコの世界遺産に登録されました。 堂々とそびえる「大極殿」は、正面約44m、側面約22m、高さ27mの朱色の柱44本、屋根瓦約97000枚を使った平城宮最大の宮殿です。 (写真は、第一次大極殿… 2010.5.15)  

平城遷都1300年祭のHPは、http://www.1300.jp/index.html



平城京の正面 「朱雀門」 平城京の正面 「朱雀門」
東院庭園 東院庭園
大極殿前では、天平衣装をまとい前庭を散策する。 南門で衛士隊の再現

大極殿内部 大極殿からの眺め、前庭の広さと、朱雀門までの遠さが分かります。
遺構展示館 遺構展示館
遣唐使船復原展示 平城京歴史館「一般:500円」
平城京歴史館・遣唐使船復原展示
 

アニメーションなどを駆使して、遣唐使の歴史や渡航の様子がドラマチックに再現される「遣唐使シアター」や、続日本紀や万葉集などにも材を得て、中国、朝鮮半島をはじめ大陸との交流により発展した我が国の国づくりの歴史や往時の文化・暮らしに焦点を当てたテーマ展示が楽しめます。 また、遣唐使船を原寸大で復原展示。 甲板への乗船体験もできます。 「一般 : 500円」




朱雀門 朱雀門と大極殿の間に近鉄特急が走っています。 高齢者・障害者を優先に「ハートフルトラム」
東院庭園 あをによしパレード 南門で衛士隊の再現
古代の内務省 大極殿 大極殿の中央に据えられた「高御座。天皇が座られる場所です。
壁には四神と12干支が描かれ、身舎天井板とその周囲の支輪板には蓮の花をモチーフにした彩色画が描かれています。 大極殿内の鴟尾 遣唐使船上から朱雀門を望む

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved