皇居東御苑
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

二重橋(正門石橋)

皇居「二重橋」

 

皇居外苑の皇居前広場から正門を経て宮殿へ至る濠に二つの橋が架かっており、手前の橋がめがね橋として親しまれている「正門石橋」、奥の橋が「正門鉄橋」。 「二重橋」は一般にこの二つの橋を総称して言われているが、厳密には奥の橋を指す。 奥の橋はかつて、「下乗橋」 と言われ、橋桁を支えるため、中途に台があって二重構造となっていたことからこの名がついたようで、皇居一番の記念撮影のスポットです。 普段は閉鎖されているが、新年や天皇誕生日の一般参賀の際にはここを通って宮殿前の広場に入ります。 (写真は、皇居「二重橋」… 2012.1.4 写真更新、2009.5.2)  




「二重橋」手前の橋が「正門石橋」、奥の橋が「正門鉄橋」 二重橋(正門石橋)
二重橋(下乗橋) 伏見櫓

 

坂下門 桔梗門
辰巳櫓は巽櫓とも書きますが、正式には桜田二重櫓と呼びます。
大手門の形式は枡形門と呼ばれ、大手高麗門(一の門)と大手門渡櫓(二の門)と、桝形と呼ばれる四角形の場所からできています。

 

皇居外苑 楠正成の像 皇居外苑

二重橋前交番

皇居正門

宮内庁

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved