舞鶴自然文化園 
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

舞鶴自然文化園「あじさい園」

ひと目5万本「舞鶴自然文化園」のアジサイ

 

舞鶴自然文化園は、舞鶴市の北東に位置する大浦半島の豊かな自然に恵まれた公園です。 園内には、ツバキ園(約1500種3万本)やアジサイ園(50品種5万本)などがあり、毎年開花時期には多くの来園者でにぎわいます。 また、初夏には緑の芝生、秋には紅葉と四季折々の景色を満喫でき、里山の自然環境とのふれあいや自然観察の場として親しまれている公園です。 アジサイ園内の鑑賞デッキからは、180度のパノラマと舞鶴湾の眺望。 (写真は、舞鶴自然文化園「アジサイ園」… 2013.6.29)

公益財団法人、舞鶴市花と緑の公社のHPは、http://maizuru-hanamidori.com/




アジサイ園入口

アジサイ園遊歩道

アジサイ園の見頃は、6月中旬〜7月上旬。 アジサイ園内の鑑賞デッキからは、180度のパノラマと舞鶴湾の眺望。

 

2haの斜面を埋め尽くす、約60品種5万本のアジサイ園。

アジサイで埋め尽くされ「アジサイの海」と呼ばれています。

ひと目5万本のアジサイの海。 アジサイ園、約1qの遊歩道

 

招霊碑と平引揚桟橋(復元)

語り部の鐘(一打:招魂・慰霊、二打:引揚の苦難顕現、三打:不戦の誓い)三回鳴らします。

舞鶴引揚桟橋と舞鶴引揚記念館

 

第二次世界大戦終結後、13年間にわたって旧満州やシベリアなどから約66万人の引揚者を迎え入れた舞鶴港。 その引揚港としての歴史を伝える資料館で、シベリアでの集団収容の様子を再現したジオラマ、当時収容所で使用していた生活用品などを展示され、戦争の悲惨さを後世に語り継いでいます。 また、記念公園周辺は整備されており、記念碑や「岸壁の母」の歌碑が立っている。

2005.1.29 「入館料:300円」 ※平引揚浅橋は、記念館近くに復元されています。

舞鶴引揚記念館のHPは、http://m-hikiage-museum.jp/



 

メタセコイヤ並木 アジサイ園「入園料大人:300円」 アジサイ園入口
アジサイ園 アジサイ ガクアジサイ
アジサイ園遊歩道 薄い水色や紫のアジサイが見頃を迎える。 「アジサイの海」鑑賞デッキより

 

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved