四国八十八ヶ所 番外 高野山「奥の院」
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

奥の院へは、玉川にかかる御廟橋を渡り「燈籠堂」

高野山「奥の院」

 

弘法大師御廟は奥の院の最奥にあり、三方を山に囲まれその山すそを玉川が流れる静寂の地にあります。 玉川に架かる御廟橋は石組み橋で石板の数は36枚あります。 表からは見えませんが裏側には仏さまを表す梵字が刻み込まれてあります。 この橋を渡る時は仏様の上を歩いて渡るわけですから、杖を使わないようご注意下さい。 また御廟橋から内側はお大師さまのお休みになられている聖域ですので飲食、喫煙、写真撮影等はできません。 高野山は、恐山比叡山 と並ぶ日本三大霊場の一つでもあります。
(写真は、奥の院へは、玉川にかかる御廟橋を渡り「燈籠堂」… 2015.12.12 写真更新、2005.5.8)

総本山「金剛峯寺」のHPは、https://www.koyasan.or.jp/



 

「一の橋」弘法大師空海が御入定されている奥の院への入り口となる橋です。奥の院へは一の橋から参拝するのが正式なルートとされています。 一の橋から御廟まで約2kmの道のり。
参道沿いに約20万基ともいわれる墓石、供養塔、霊屋、慰霊碑などが密集して並んでいます。 高野山の東側に広がる最大の聖地「奥の院」

 

御廟橋(御廟へと続く橋でここからは空海大師の霊域に入るとされ、この橋を渡るときに空海さまが迎えて帰りは見送ってくださると云われています。) 玉川にかかる御廟橋を渡る
護摩堂 御供所では奥の院の納経が出来ます。

四国八十八ヶ所、願お礼参り「高野山・奥の院」

 

思い起こせば、2012年9月に四国最南端にある、三十八番札所「金剛福寺」から廻りはじめ、足掛け3年余りで、四国八十八ヶ所の霊場を満願成就しました。 八十八番札所「大窪寺」結願後、10年振りに、高野山へ満願お礼参りに訪れるました。 高野の玄関口「大門」⇒壇上伽藍⇒金剛峯寺⇒女人堂⇒奥の院へ、一の橋から御廟までの約2kmの道のり、参道沿いに約20万基ともいわれる墓石、供養塔、霊屋、慰霊碑などが密集して並んでいます。

奥の院へは、玉川にかかる御廟橋を渡ると燈籠堂、奥へ進むと弘法大師の御廟があります。 また、燈籠堂の地下には、大きな独鈷とお数珠に触れてお参りすることができます参拝後は、納経所で最後のご朱印を納経軸に頂き無事満願成就となりました。 帰りに、奥の院門前の仏具店で掛け軸の表装をお願いし、来年1月の出来上がりです。※掛け軸の表装代金は(55.000円より)御宝印軸を納める桐箱に高野山・奥の院の箱書き(箱書代金別:3.000円)。満願年月日・功徳主名など満願の想いを掛け軸に残す事ができました。



 

約20万基を超える諸大名の墓石や祈念碑、慰霊碑の数々が樹齢千年に及ぶ杉木立の中に立ち並んでいます。 大師様腰掛の石 汗かき地蔵
結城(松平)秀康及び同母霊屋。慶長12年(1607)徳川家康が次男秀康のために建てた(重要文化財)。 豊臣家墓所
織田信長墓所 水向地蔵. 水行場と御廟橋の間の玉川に背を向けて地蔵菩薩や不動明王、観音菩薩などが安置されている。 ここから先(御廟橋)は、弘法大使(空海)の御廟の霊域となります。
奥の院へは「中の橋」駐車場からが一番近いです。 供養堂左手には手水場

 

            番外   高野山 奥の院 (こうやさん おくのいん)
高野山奥の院「お納経」
 宗派:高野山真言宗
 本尊:薬師如来
 開基:弘法大師
 創建:弘仁7年(816年)
 〒648-0211  和歌山県伊都郡高野山町550
 アクセス:南海高野線高野山駅より、南海りんかいバス「奥の院」行き、
       奥の院前下車、徒歩10分。
 TEL:0736-56-2002
 拝観料:無料。

 駐車場:普通車250台「無料」    

 宿坊:近隣あり
 URL:https://www.koyasan.or.jp/
          第88番・大窪寺   番外・高野山「奥の院」   第1番・霊山寺

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved