モントリオール観光
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

ノートルダム大聖堂(堂内)

ノートルダム大聖堂

 

カナダのケベック州モントリオールのスルピス通りにあるノートルダムドモントリオール大聖堂は、セントローレンス川沿いにあり、バシリカ式聖堂の名称です。 ケベックのセントローレンス川沿いは、メープル街道(カエデ並木)として、秋には紅葉が楽しめる観光ルートです。 モントリオールは、「北米のパリ」と言われ、石造りの街並みやサン・ジョゼフ礼拝堂、世界の女王マリア大聖堂、オリンピックスタジアムなど、数々の歴史的建造物が建てられた場所です。 (写真は、ノートルダム大聖堂(堂内)… 2015.10.6)




ノートルダム大聖堂(堂内)

ノートルダム大聖堂(堂内)パイプオルガン

ジャック・カルティエ広場「モントリオール市庁舎」 「モンロワイヤル公園」イーストエンド展望台からはオリンピックスタジアムと街の景色が一望できます。
世界の女王マリア大聖堂 世界の女王マリア大聖堂(祭壇の金色に輝く天蓋など堂内の装飾も見事です。)

ジャック・カルティエ広場

  市庁舎から旧港に抜ける細長い広場。 市庁舎前にはネルソン海軍司令官記念碑が立っている。 1804年に、パブリック・マーケットとしてつくられた名残りからか、花やフルーツを売る露店が立ち、広場を見渡すように洒落たカフェが軒を並べています。 夏には大道芸人などで賑わいを見せています。

モンロワイヤル公園

  モントリオールでは最大の規模を誇るモン・ロワイヤル公園は、街の名の由来となったロワイヤル山の頂を中心としている。 設計は、ニューヨークのセントラル・パークも手がけた造園建築家、F・L・オルムステッドによるもの。 ロワイヤル山は3つの丘から成り、最高部の高さは233m、ダウンタウンからはこの山の上に立つ大きな十字架が見えます。 高さ30mのこの鉄製十字架は1924年に建てられたもので、モントリオール建設の父、メゾヌーブが洪水からの加護を祈り建立を約束したという故事によるもので、夜間にはライトアップされ、100km先から見えることもあると言われています。

世界の女王マリア大聖堂

 

ケベック州で3番目に大きく、2006年にカナダの歴史的建造物に指定された壮厳なカトリック教会です。 バチカン市のカトリック総本山サン・ピエトロ寺院を参考(縮小)にして建設されたといわれています。 内部には13の使徒の像があり、夜間はライトアップされ、19世紀後半から続く美しい姿を眺めることができます。



 

エルミタージュ デュ ラック9:00出発 メープル街道(バスでモントリールへ、約2時間) カナダのケベック州最大の都市モントリオールは、オンタリオ州のトロントに次ぐ第二の都市である。
ダルム広場(ノートルダム大聖堂の前にある広場。19世紀末に作
られ、モントリオールの創始者の像があります。) この町が洪水に見舞われた時、カルティエさんは「町をお救い下さい。必ずやモンレアルに十字架を建てに参ります」と祈った。
かくして町は救われ、約束通りカルティエさんが山に十字架担いで行くところ。モントリオールの歴史を描いたステンドグラス。
ノートルダム大聖堂の赤いキャンドル 。
モントリオールの最大の観光スポット旧市街のノートルダム大聖堂。1829年に建てられた教会で、2つの鐘楼が印象的なネオ・ゴシック建築。 一本のクルミの木から彫られた説教壇。 奥へと進み祭壇の裏側にある金の礼拝堂。チャペルは金色一色の華麗な装飾。正面にある彫刻は人間の一生を表し、誕生、人生、死の3 段階に分かれています。
モントリオールの観光馬車。 ジャック・カルティエ広場には、洒落たカフェが軒を並べています。 市庁舎から旧港に抜ける細長い広場。市庁舎前にはネルソン海軍司令官記念碑が立っています。
ジャック・カルティエ広場には、絵画やギャラリーの露天が出店。 夕食はホテル内レストランで、魚料理。 モントリオール「クィーンエリザベス・ホテル」宿泊。

 

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved