奥大井湖上ウォーク
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

秘境にある「奥大井湖上駅」
奥大井湖上ウォーク
 

大井川上流部・奥大井の渓谷をゆっくりと走る日本唯一のアプト式電車、南アルプスあぷとライン。 大井川水系のダム建設のために作られた歴史を持ち、今は奥大井の観光列車として運行しています。 1000mに対して90mの高さは日本一の急勾配、日本一の高さの鉄道橋(関の沢橋梁)、日本唯一の奥大井湖上駅など、見どころがたくさんです。 コースは、奥泉駅から赤いトロッコ列車(アプト式鉄道)に乗って、「奥大井湖上駅」下車、接岨峡温泉まで約1時間のウォーク、自然豊かな秘境の奥大井渓谷に大満足でした。
(写真は、秘境にある「奥大井湖上駅」… 2016.11.18 晴れ)




日本一の急勾配を登る「アプト式鉄道」奥泉駅。 深い緑に映える赤い鉄橋。
最後尾に連結されたディーゼル機関車が客車を押して走ってくれます。 「奥大井湖上駅」下車し、鉄橋脇の通路を歩ける散策路。

 

井川駅方面の鉄橋は ハイキングコースの一部となっており歩いて渡ることができます。 絶景展望台から望む「奥大井湖上駅」
エメラルドグリーンの湖とレインボーブリッジ 接岨湖西側対岸から全景。向かって右が宮沢橋、左が犬返り橋。
犬返り橋 日本一の吊床版階段橋「宮沢橋」

 

奥泉駅前の像(奥泉バス停付近で、縄文時代・江戸時代の遺跡が発掘されました。) 「奥泉駅」からアプト式鉄道に乗車。10:49発。 紅葉とエメラルドグリーンのコントラストの景観。
最後尾のディーゼル機関車の後ろに、アプト式電気機関車を連結します。 急勾配の鉄道線路で列車が滑らないよう、2本のレールの中央に歯車でかみ合う軌条を取り付けた方式。スイスのアプトが考案。日本では大井川鉄道井川線の一部で採用されています。
アプトいちしろ駅から長島ダム駅の間は、1000分の90という急勾配で 、現在日本に唯一残るアプト式の電気機関車を付けて上ってゆきます。 接岨湖に架かる真っ赤なレインボーブリッジ 奥大井湖上駅
恋愛・結婚・子宝にまつわる静岡県のエンゼルパワースポットとして別名「奥大井恋錠駅」 奥大井湖上駅から接岨峡温泉まで、約1時間のハイキング。 ハイキングを終えて、川根本町「資料館やまびこ前の広場」で、松茸ご飯弁当。

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved