台中市観光「日月潭文武廊」
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

文武廟「拝殿」

日月潭「文武廟」

 

日月潭北側の山に位置する文武廟は日月潭の開拓と深いかかわりがあります。 1932年、日月潭の水をダムに引くことになりましたが、これによって水没の危機に瀕した湖畔の龍鳳廟と益化堂が文武廟として現在の位置に移設再建されたのです。 工事は4年の歳月をかけて、1938年に完成しました。 その後、1969年から1975年にかけて全面修築が行われました。 文武廟は台湾で唯一、正門が開いている孔子廟で、参拝者に対する占いを行っているのが特徴です。 このほか、本殿前には美しい龍の石彫刻が彫られており、多くの人が観賞に訪れています。 (写真は、文武廟「拝殿」… 2013.3.10)



 

日月潭 日月潭
文武廟の廟門 文武廟前広場

山々に抱かれた神秘の湖「日月潭」

 

台中市の東南約40km、台湾のほぼ中央部に「日月潭」があります。 今から約2000年前に発見された台湾最大の淡水湖で、海抜760m、面積 約100ku、周囲37km。 湖の北側が太陽(日輪)の形、南側が三日月の形をしていることからこう呼ばれるが、日本統治時代の1932年、日月潭水力発電工事によって、濁水渓という川から水を引いた結果、水位が上昇して現在の形になったという。

 

文武廟「拝殿」 「文武廟」より見下ろす日月潭
孔子の逸話を描いたレリーフ 文武廟大殿からみた日月潭

 

日月潭の歩道を散策 日月潭 日月潭湖畔
巨大獅子、高さ8m。 文武廟 「文武廟」軒下の飾り
文武廊「拝殿」石彫りレリーフ 天井の装飾 賽銭箱
武聖殿「九頭の龍」 正面が関羽で、右が文昌帝君(学問の神様)左が財神(お金の神様) 願い事を書いて吊るす。
武聖殿 大成殿前にある九頭の龍の彫刻

 

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved