故宮博物院
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

国立故宮博物院

国立故宮博物院

 

世界4大美術・博物館(メトロポリタン・英、ルーブル・仏、エルミタージュ・露)のひとつに数えられている台北の故宮博物院。 ここは歴史の奥深さを知ることができる貴重な芸術品が展示されています。 収蔵品数約60万点以上と膨大なコレクションを誇る故宮博物院。 その中で常時6,000点位を展示し、翡翠白菜といった有名なものを除いて3か月に1回展示品を入れ替えていており、古代から近代に至る王朝により収集された秘宝の数々を見ることが出来ます。 (写真は、国立故宮博物院… 2013.3.13)

国立故宮博物院のHPは、http://www.npm.gov.tw/



 

国立故宮博物院「本館」 台湾周遊観光コース地図
孫文の銅像があり、記念写真の撮影スポットとなっています。
正門の階段下はロータリーになっていて、路線バスやタクシーはここで乗降します。 第二展示エリア 正面入口
故宮敷地内の広東レストラン「故宮晶華」 故宮博物院の宝物を模した。玉製の白菜「翠玉白菜」を再現。 高品質の豚のモモ肉を醤油、砂糖、高品質の豚のモモ肉を醤油、砂糖、ネギなどで2時間煮込み、冷やした後に収蔵品「故宮肉形石」になるよう、最新の注意を払って切り分けます。

 

圓山大飯店の門 14階建ての朱塗りの中国宮殿式建物「圓山大飯店」
台北市内の風景 台北市内の夜景
「圓山大飯店」入口 正面ロビー ロビーカウンター(ランタン展示)

台北「圓山大飯店」

 

西暦1952年にされた圓山飯店は、圓山の中腹に高く聳え、前方に基隆河、後方に陽明山、東に松山地区、西に淡水の街が一望できる14階建ての宮殿式建物です。 台北圓山大飯店は中国建築のクラシカルな美を留めています。 台北市でもっとも眩しいランドマークであるだけでなく、現代における宮殿建築の代表でもあります。 客室は東洋と西洋の設計美学を融合しており、細部まで行き届いた心配りで快適さを兼ね備えています。

台北「圓山大飯店」のHPは、http://www.grand-hotel.org/main/Default.aspx?lang=ja-JP



 

原付は、人口1.8人に1台という驚異的な普及率。 台湾では二人乗りはOKプラス犬。排気ガスが凄いのでほとんどの人がマスクを着用しています。 タクシーは黄色い車体が目印です。(基本料金1.5kmめで、85元=約260円)
台湾ビール 中華料理は、円卓を囲むランチ 台湾のコンビにに入ると、「関東煮」つまり「 おでん」を見かけます。 店内にはダシの香りが漂っており、コンビニに入るだけで気になる存在です。
太魯閣列車(愛称:太魯閣号) 車窓からの民家 車窓から見た台湾のお墓です。
黄色い花「コガネノーゼン」某SAにて撮影。 暖かくなるとオレンジ色の花が開花する。「木綿花」蓮池潭で撮影。 桜(中正記念堂公園内)
台北のマンホールの蓋 キャセイパシフィック航空「搭乗手続き」 台湾桃園国際空港(キャセイパシフィック航空)帰国の途へ、天気曇りのち雨。

 

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved