根来寺の桜
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

                 |2013.3.30 / 根来寺の桜2012.11.25 / 根来寺の紅葉
根来寺「大塔」

根来寺の桜

 

根来寺境内は、中世の佇まいを残し四季折々に桜・青葉・紅葉など変化に富んだ自然を楽しむことができます。 春の桜の美しさは「日本さくらの名所100選」にも選出されており、県内屈指の名所として広く知られています。 昔から広大な境内には7000本のサクラがあると云われ、広大な36万坪の境内に咲き誇る桜を満喫することができます。 この塔は真言密教の教義を形の上で示したもの。 明応5年(1496年)に建立された我が国最大の木造の多宝塔で(高さ40m、横幅15m)、明治32年に国宝に指定されました。

ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ネゴロザクラ、シダレザクラ (写真は、根来寺「大塔」… 2013.3.30)

根来寺のHPは、http://www.negoroji.org/




大門(高さm、幅17m、奥行6m。)

鐘楼門をくぐると正面は「光明殿」

名勝庭園の聖天池に浮かぶ聖天堂。 境内の桜

 

大塔と伝法堂 桜の波間から頭を出した大塔とお地蔵さん
伝法堂

律乗院(塔頭寺院のひとつ)

 

大門 愛染院 蓮華院
新義真言宗「根来寺」 大塔(高さ40m、日本で最も大きな木造大塔で国宝に指定されています。) 大塔(高さ40m、日本で最も大きな木造大塔で国宝に指定されています。)
参道に建ち並ぶ屋台。
鐘楼門 太子堂 不動堂

 

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved