四国八十八ヶ所 第十五番 国分寺
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

国分寺「本堂」

建立当時の七重塔の史跡「国分寺」

 

四国霊場には四県に国分寺があり、その最初の札所が「阿波国分寺」である。 仏教に篤く帰依した聖武天皇(在位724〜49)は、天平13年に国家の安穏や五穀豊穣、政教一致、地方文化の向上などを祈って、勅命により全国68ヶ所に国分寺、国分尼寺を創建した。 奈良・東大寺はその総国分寺ともいわれる。縁起によると、阿波国分寺には聖武天皇から釈迦如来の尊像と「大般若経」が納められ、本堂には光明皇后のご位牌厨子を奉祀されたと伝えられている。 (写真は、国分寺「本堂」… 2012.10.7)




山門 山門をくぐると正面には「本堂」
大師堂 天保年間(1830〜1843年)に大師堂が完成。

 

山門 七重塔心礎 手水場
本堂は、「重層の入母屋造りで、文化、文政年間(1804〜1830年)に再建された。」 鐘楼 七重の塔の跡?
(旧大師堂という説もある。)

 

        第十五番札所   薬王山 金色院 国分寺 (やくおうざん こんじきいん こくぶんじ)
   国分寺「お納経」 

  

 宗派:曹洞宗
 本尊:薬師如来
 開基:行基菩薩
 創建:天平13年(741)
 真言:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
 〒779-3126 徳島県徳島市国府町矢野718-1
 アクセス:藍住インターチェンジから県道1号線を徳島市内へ行き、

       国道192号線と合流すると石井町方面へと走っていると看板があるので、

       それに沿って県道123号線へ。

 TEL:088-642-0525
 駐車場:普通 約10台・無料。
 宿坊:なし
          第14番・常楽寺     第15番・国分寺     第16番・観音寺

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved