四国八十八ヶ所 第三十三番 雪蹊寺
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

雪蹊寺「本堂」

鎌倉時代を代表する仏像「雪寺」

 
昔の遍路は種崎から長浜へ船で渡ったが、今は浦戸大橋ができて便利になった。 長浜は長曽我部元親の城下町としてひらけたところで、町を抜けると秦神社があり、祭神に元親の像がまつられている。 この神社の隣りに雪蹊寺がある。 延暦年間に弘法大師によって開創され、当初少林山高福寺と称し、その後運慶、湛慶のゆかりで慶運寺に改めた。 石柱の門を入れば観音堂、鐘楼、大師堂、本堂がある。

(写真は、雪蹊寺「本堂」… 2012.12.23)




石柱の門 鐘楼
大師堂 大玄塔(境廃仏毀釈で廃寺となった寺を復興させた17代、山本太玄住職の供養塔。)

 

雪蹊寺境内 手水舎 修業大師像
本堂前の香炉 賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ) 本堂「高福山・雪蹊寺」
大師堂 観音堂 境内の屋台(干し柿、一連1000円)

 

       第三十三番札所   高福山 雪蹊寺 (こうふくざん せっけいじ)
   雪蹊寺「お納経」

 

 宗派:臨済宗妙心寺派
 本尊:薬師如来
 開基:弘法大師
 創建:弘仁6年(815)
 真言:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
 〒781-0270 高知県高知市長浜857-3
 アクセス:高知インターチェンジから、はりまや橋方面へ向い、県道34号線から

       瀬戸バイパスに上り、高知南郵便局先の交差点を右折。

 TEL:088-837-2233
 駐車場:普通10台無料。
 宿坊:なし
          第32番・禅師峰寺     第33番・雪蹊寺     第34番・種間寺

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved