小田原城
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

小田原城「天守閣」

小田原駅で途中下車「小田原城」へ

 

私用で東京へ向かうついでに箱根湯本で一泊、途中下車で小田原駅に降り立つと駅構内に大きな「ちょうちん」がぶら下がっています。 時間があるので、駅から歩いて15分の小田原城を見学、当日は二の丸広場で、「ODAWARAえっさホイおどり2005」が開催していました。 ぶらり観光して今夜の宿泊先「箱根湯本」へ向かう。 (写真は、小田原城「天守」… 2005.9.17)

小田原市「小田原城」のHPは、http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/


 

JR小田原駅構内の「小田原ちょうちん」 銅門(あかがねもん)

常盤木門(ときわぎもん)

小田原城内の動物園

小田原城

 

小田原城は15世紀初めごろ、大森氏によって築かれる。 明応4年(1495年)に戦国大名小田原北条氏の居城となってから、関東支配の中心拠点となり、豊臣秀吉の小田原攻めに備えて大外郭を完成させ、日本最大の城郭となった。 江戸時代は徳川家康の家臣・大久保氏が城主となり、城の規模は三の丸以内に縮小される。 その後、稲葉氏が一時城主となるが再び大久保氏が城主となり、幕末まで続いた。 明治に入り廃城となり、ほとんどの建物は解体され、残っていた石垣も大正12年(1923)の関東大震災により崩れ落ちた。 現在の小田原城跡は、本丸・二の丸の大部分と大外郭の一部が、国の史跡に指定。 また、本丸を中心に「城址公園」として整備され、昭和35年(1960年)に天守閣を復元。 次いで昭和46年(1971)には常盤木門が復元された。




小田原城「天守閣」 小田原城「天守閣」
天守閣展望階からの眺望

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved