金刀比羅宮
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

金刀比羅宮「御本宮」
讃岐の 「金刀比羅宮」さん詣で…
 

「金毘羅船々 追風に帆かけて シュラシュシュシュ…」 の歌でお馴染みの香川県琴平町の金刀比羅宮は、全国の金比羅神社(金毘羅神社・琴平神社)の総本宮(総本社)となっている。 江戸時代後期には、伊勢参りと共に、金刀比羅宮に詣でる金毘羅参りが盛んになった。 長く続く参道の石段786段が有名で、奥社まで登ると1368段にもなる。 海の守り神として信仰されてきた。金毘羅講に代表されるように古くから参拝者を広く集め、参道には当時を偲ばせる燈篭などが今も多く残る。 
(写真は、金刀比羅宮 「御本宮」… 2007.11.10)




本殿前の広場から琴平市内と讃岐平野が見渡せます。
参道に数多くあるお土産が軒を連ねています。「灸まんが有名です。」 観光用に大門(下から365段のところにある最初の門)まで、篭に乗って行けます。
「大門」を境内から見たところですが、白い大きな傘を広げた古風な姿で迎えてくれてるのが、「五人百姓」と呼ばれる五軒の飴屋です。「五人百姓の露店」 香川県の琴平町にある「こんぴらさん」こと金刀比羅宮の石段と町の花である美女桜を描いたマンホール。

展覧会「金刀比羅宮 書院の美 〜 応挙・若冲・岸岱から田窪まで」表書院・奥書院・白(椿)書院。 社殿「旭社」
絵馬堂 「絵馬堂」には、堀江謙一さんのモルツマーメイド号が奉納されていました。

「与島」からの瀬戸大橋 このかけ橋の中心地「与島」から見る沈む夕陽
瀬戸大橋
 

穏やかな海に美しい島々が点在する瀬戸内海に、優美でダイナミックな姿を映す瀬戸大橋。 本州と四国を結ぶ世紀のプロジェクト、本州四国連絡橋3ルート(神戸・鳴門ルート、児島・坂出ルート、尾道・今治ルート)のうち、一番最初に全線開通した瀬戸大橋は、岡山県倉敷市児島と香川県坂出市の間の瀬戸大橋を6つの橋で島づたいに結ぶ全長約10kmの橋で、約10年の歳月をかけて昭和63年(1988年)4月に完成しました。




JR琴平駅 金刀比羅宮北神社 琴電琴平駅
こんぴら温泉郷「桜の抄」 参拝客が駕籠に乗っている 四国八十八ヶ所「第七十五番・善通寺」
讃岐うどんは、映画UDONのロケ地です。「山内うどん」 トッピングの天ぷら ひやあつうどん大に、ちくわとゲソ天、稲荷ずし。約620円?「食べ過ぎ!」
瀬戸大橋 「瀬戸大橋」下はJR鉄道が走る。 今回旅行に使用したレンタカー10人乗り。

 

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved