犬鳴山不動尊
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

役の行者と行者の滝
犬鳴山「七宝滝寺」
 

犬鳴山の中腹に建つ真言宗犬鳴派の本山。 斉明天皇7年(661)に役行者によって開山されたとされる。 本尊の木造立像・倶利伽不動明王は剣に龍が巻きついていることから「運もらい不動」などと呼ばれ、運勢向上、願望成就の守護神として信仰が厚い。 淳和天皇の時代(823-833)、この寺で雨乞いの祈祷をしたところ、念願の雨が降ったため、山中にある著名な七つの滝(両界、塔、弁財天、小槻、奥、千丈、布引)を金銀などの七宝にたとえて七宝滝寺の名称となった。 (写真は、役の行者と行者の滝… 2011.3.19

犬鳴山「七宝滝寺」のHPは、http://www.inunakisan.com/




難切り不動明王 身代わり不動明王
清滝堂を過ぎると行者の滝 七宝滝寺「行者の滝」は、霊力ある御滝として全国各地から禊ぎに訪れる人々が後を断ちません。

 

十一面観世音菩薩像が祀られている「十一面観音堂」

参道

鐘楼

参道 ぼけ除け不動尊 本堂拝殿

犬鳴山は、斎明天王の7年(西暦661年)、修験道の開祖である役小角が28歳の時に開基されました。

行者のくぐり岩を、六根清浄を唱えながら三回潜ると願いが叶う。

行者の滝


「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved