鳥羽市 神島
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

伊良湖水道を行き交う大型タンカーと伊良湖岬灯台
三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となった「神島」
 

神島は、鳥羽港の北東約14km、愛知県伊良湖岬の西方約3.5kmの伊勢湾口に位置し、島内は標高171mの灯明山を中心に島全体が山地となっています。 三島由紀夫の純愛小説「潮騒」の舞台となったことで有名となりました。 神島一周4kmコースは、ゲータ祭りが行われる八代神社、214段の階段を上って、振りかえると景色がとても美しい。 神島灯台から監的哨へ、石灰岩が風化して出来たカルスト地形から八畳ヶ岩へ、古里の浜辺には浜昼顔が咲き、鏡石を通り、のんびりとしたコースは約2時間。 伊良湖岬灯台

(写真は、伊良湖水道を行き交う大型タンカーと伊良湖岬灯台… 2011.5.14

鳥羽市のHPは、http://www.city.toba.mie.jp/kikaku/ritoushinkou/kamishima/html/kamishima.html




市営定期船のりば「神島港」 真っすぐ伸びた214段の階段を上がり、振り返ると景観が美しい。
八代神社「社殿」 海の神様「綿津見命」をお祀りしています。

 

鳥羽マリンターミナル

鳥羽マリンターミナル「佐田浜桟橋」

鳥羽市営高速船「きらめき」

「時計台跡」島唯一の時計が時を刻んでいたそうです。

 水道が各家になかった頃の「洗濯場」

寺田さん宅は、「潮騒」執筆で三島由紀夫が滞在した。

八代神社の石段で「潮騒のロケ地」浜田光夫と吉永小百合が競演。

八代神社「鳥居」

元旦の夜明け、東の空が明るくなる頃グミの枝を束ねて輪(日輪に見立て直径2mほどの輪)ゲーター祭り行われます。

 

神島灯台「日本の灯台50選」 神島灯台の門
白亜の灯台「神島灯台」
神島灯台
 

神島の東側は「安房の鳴門か音頭の瀬戸か伊良湖度合いが恐ろしや」と船頭歌に歌われ、日本の三海門の一つとなっている伊良湖水道で、昔から海の難所と言われていました。 明治41年7月伊良湖水道での軍艦の事故を端緒に、軍事上の要請と名古屋、四日市港の貿易振興上から航路標識の設置について建議されるようになり、明治42年に灯台の建設が始まり、明治43年5月1日に点灯しました。 昭和42年鉄筋コンクリート製に改築されています。 「日本の灯台50選」

海上保安庁のHPは、http://www.kaiho.mlit.go.jp/04kanku/shokai/todai/kami.html



 

監的哨跡(旧日本陸軍が、砲弾の着弾地点を観測するために建てられた建物。) 石灰岩が風化してできた「ルスト地形」
八畳ケ岩 古里の浜と八畳ケ岩
古里の浜辺に浜昼顔の群生 浜昼顔の群生

 

神島灯台(明治43年5月1日に点灯。昭和42年鉄筋コンクリート製に改築されています。)

灯台職員宿舎跡

対岸の渥美半島「伊良湖岬灯台」

遊歩道を進むと木製の階段

監的哨跡

「監的哨跡」潮騒のクライマックスの場所。

ピンクの鮮やかな「浜昼顔」

鏡石( 昔、女性が岩に油を塗って鏡にしたといわれている そうです。)

「潮騒」ロケ地。この小説は、青山京子、吉永小百合、山口百恵、堀ちえみ等の主演により5回にわたって映画化されました。


「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved