松山城
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

松山城「大天守と小天守」
四国最大の城郭「松山城」
 

松山市の中心部、勝山(標高132m)にそびえ立つ松山城は、賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦で有名な七本槍の1人、加藤嘉明が築いた四国最大のお城です。 門櫓・塀を多数備え、狭間や石落とし、高石垣などを巧みに配し、攻守の機能に優れた日本一の連立式天守を構えた平山城を言われております。 松山城は、日本で12か所しか残っていない「現存12天守」のうちのひとつ、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つです。 平成18年に「日本100名城」 (写真は、松山城「大天守と小天守」… 2012.9.15)

松山城のHPは、http://www.matsuyamajo.jp/




松山城ロープウェイ・リフト駅舎(往復500円) 太鼓櫓の石垣
松山城本丸の正面を固める「筒井門」 大天守と小天守(記念写真スポット)

 

大天守は三重三階地下一階の層塔型天守で、黒船来航の翌年落成した江戸時代最後の完全な城郭建築です。 現存12天守の中で、唯一築城主として瓦には「葵の御紋」が付されています。
天守最上階から眼下に本丸広場と松山市街地を望む。 松山市街地と瀬戸内海など爽快なパノラマ景色が見渡せます。

 

松山城の築城主・ 加藤嘉明の騎馬像。

松山城本丸は標高132mの山頂、8合目付近まで運行しているロープウェイやリフトを使って登ります。

松山城内には、俳句の投函箱があります。
チケット売り場:天守前 南隅櫓・十間廊下・北隅櫓 松山城の天守の紋章は、江戸幕府の将軍、徳川家とゆかりのある「丸に三つ葉葵」(三つ葉左葵巴)となっています。
一ノ門・一ノ門南櫓 筋鉄門と小天守 大天守から一ノ門を望む。

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved