根来寺の紅葉
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

                 |2013.3.30 / 根来寺の桜2012.11.25 / 根来寺の紅葉
根来寺「国宝・大塔」

根来寺の紅葉

 

1132(長承1)年、新義真言宗の宗祖覚鑁(興教大師)が高野山に大伝法院と創建したことに始まる。 鎌倉時代に現在の場所へ移転。 南北朝から室町時代にかけて大きく発展し境内に300あまりの院家や堂塔2700を擁する一大教団となった。 現存する本尊(重要文化財)や大塔(国宝)もこの頃に再建されたもの。 1585(天正13)年、天下統一をめざす秀吉の紀州攻めにより堂塔・院家の多くを焼失したが、江戸時代には紀州徳川家の支援などを得て復興した。 現在、境内地の大部分は国の史跡に指定されている。 桜や紅葉の名所をしても有名です。 (写真は、根来寺「国宝・大塔」… 2012.11.25

根来寺のHPは、http://www.negoroji.org/




大門(高さ16.88m、横幅17.63m、奥行6m) もみじ谷公園
根来寺境内を流れる大谷川は「もみじ谷公園」と呼ばれる。 もみじ谷公園の遊歩道を散策。
「国宝・大塔」日本最大の木造多宝塔(高さ40m。) 紅葉越しの大塔

 

大師堂 大伝法堂
光明真言殿 浄土池と紅葉
名勝浄土池に浮かぶ「聖天堂」 行者堂

 

根来寺 水子地蔵尊

奥の院

鐘桜門

本坊

名勝庭園

九社明神

不動堂

八角円堂

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved