軽井沢散策 昼神温泉
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

旧三笠ホテル

軽井沢の定番スポット「旧三笠ホテル」

 

映画「風立ちぬ」は軽井沢を舞台にした映画ということで軽井沢を訪れる人が急増中です。

「旧三笠ホテル」は、1905年に建築されて以来、政財界の要人・文人に愛され「軽井沢の鹿鳴館」と言われた木造純西洋式ホテルです。 1980年に国の重要文化財に指定され館内を見学することが可能です。 この重厚な西洋建築を設計などからすべて日本人が行ったというのが素晴らしい。 窓枠や階段の手すりなどのデザインも見応えがあります。 現在は一般に公開されています。

(写真は、旧軽井沢「旧三笠ホテル」… 2013.8.3)




旧三笠ホテル「入園料大人:400円」 湾曲のブラケットと窓の太い縁取りが重厚感を示しています。
「雲場池」御膳水からの清冽な水を源とする周囲1kmの池です。のどかにたたずむカルガモ。 水面に映る木々、1周25分ほど、散策するのにもってこいの場所です。

 

全てが揃う、高原の避暑地「旧軽井沢」 軽井沢には、昔から有名な軽井沢銀座街がありす。
夏は大勢の方で賑わう銀座通りです。 北国街道と中山道の分岐点にあるのが「追分の分去れ」道標です。(江戸から来た場合、右は 北国街道の更科や越後方面、左は京都、吉野など関西へむかう分岐点となりました。)

 

「雲場池」御膳水からの清冽な水を源とする、六本辻近くにある静かな池。「スワンレイク」とも呼ばれており、カラマツやモミジの木々に映え、とても落ち着いた雰囲気の場所です。 旧軽井沢別荘地内の案内板 木造純西洋式ホテル
ホテルロビー ホテル内部 軽井沢観光協会
軽井沢銀座商店街を走るレトロバス 軽井沢写真館 旧軽井沢で、お洒落なオープンレストランでランチ。
JR軽井沢駅 軽井沢プリンスショッピングプラザ 軽井沢カラーマンホールの蓋は、(噴煙を上げている浅間山とシラカバの木。)

 

三日目の宿泊先「昼神温泉郷」 昼神グランドホテル「天心」の足湯。 阿智川のほとり、年中無休の朝市は昼神温泉の風物詩です。

 

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved