大相撲春場所2014(三月場所)
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

第六十九代横綱「白鵬」土俵入り

大相撲三月場所2014

 

大相撲は1年に6回行われ、うち東京の両国国技館で1月(初場所)、5月(夏場所)、9月(秋場所)の3回行われます。 残りの3回は大阪の大阪府立体育会館で3月の春場所、名古屋の愛知県体育館で7月の名古屋場所、福岡の福岡国際センターで11月の九州場所に各1回行われています。 1場所は15日間連続で行われ1日目は「初日」、8日目は「中日」、最終日にあたる15日目は「千秋楽」と呼ばれています。

(写真は、大相撲三月場所、第六十九代横綱「白鵬」土俵入り… 2014.3.16中日)

日本相撲協会のHPは、http://www.sumo.or.jp/




大阪府立体育会館「BODYMAKERコロシアム」 幕内土俵入り
幕内土俵入り 第六十九代横綱「白鵬」の土俵入り

 

第七十代横綱「日馬富士」の土俵入り 弓取り式
横綱「白鵬」 横綱「日馬富士」

 

大相撲三月場所(大阪府立体育会館「BODYMAKERコロシアム」) 中日八日目(3月16日)、満員御礼の札が… 幕内土俵入り
行司を先頭に入場、横綱「白鵬」の土俵入り 大阪は相撲人気の根強い土地であり、毎年大いに盛り上がる場所である。 優勝賜杯
今日一番の注目の好取組(遠藤4連勝 逆転で7連勝大砂嵐を破る) 白鵬、日馬富士の両横綱はともに中日での勝ち越しを決めた。(白鵬、上手投げで高安を破る。)

 

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved