ハンブルグとリューベック観光
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

リューベックのシンボル「ホルステン門」

リューベック観光

 

ドイツ北部のバルト海沿岸の町では、かつてのハンザ同盟の面影がいたるところで見られます。 (ハンザ同盟とは、中世時代に通商、交易上の利益保護を目的として結成された連合体で、王侯貴族の支配を受けない自由都市のネットワーク)。 なかでも当時の繁栄ぶりを色濃く残している町が、ハンザ同盟の盟主として実権を握っていたリューベックです。 「ハンザの女王」と呼ばれるほど美しい旧市街は、世界遺産に登録されています。 (写真は、リューベック「ホルステン門」… 2015.5.14)



 

運河沿いに進むと赤レンガの倉庫が立ち並んでいます。

美しい赤レンガ建築が連なる世界最大の倉庫街。

ハンブルグ港 宮殿のように豪華な市庁舎。

ハンブルグ観光

 

エルベ川の河口近くに位置する州都。 ヨーロッパ有数の港であり、ドイツを代表する大都市です。 14世紀からハンザ同盟のもとで発展し、今も当時を偲ばせる歴史的建造物が多い。 また、メンデルスゾーンやブラームスといった音楽家たちの生誕地でもあり、文化的な香りも感じます。 アルスター湖畔や河畔ではロマンチックなひとときが送れます。



 

二つのとんがり屋根の門が、リューベックのシンボル「ホルステン門」

リューベック・市庁舎と聖マリエン教会。

ホルステン門(博物館)

 

1464〜1478年に建てられたレンガ造りの双子塔のある城門。 内部は小さな博物館で、 1650年のリューベックの町並みを模型として展示。 門の右側、川に沿って連なる建物は リューベックに巨大な富をもたらした倉庫です。



 

 
美しい赤レンガ建築が連なる世界最大の倉庫街。 永遠の愛を誓う恋人たちがとりつける「愛の南京錠」 市庁舎の装飾
ホルステン門 リューベック 旧市街 トラヴェ川とトラヴェ運河に囲まれた水の都。
帆船や遊覧船が浮かぶ港 旧市街地 ハンザ都市の歴史ある街並み。
ドイツ通貨(お金はユーロになります。1ユーロは100セントという補助単位からなっています。紙幣とコイン。) 聖ペトリ教会内 リューベック名物といえば「ニーダーエッガー」のマジパン。

 

「旅と散策」のTOPに戻る

 

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved