世界遺産 ベルン市内観光
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

アーレ川に囲まれたベルンの旧市街… 2016.7.3)

ロマンチックな風景を保つ「ベルン市」

 

スイスの首都ベルンは長い歴史を持ち、美しい街並みが観光客を魅了してくれます。 アーレ川のに囲まれた街中は、赤レンガの屋根と石造りの家々が立ち並び、まさに中世のヨーロッパです。 さらに、街の名前「ベルン」はドイツ語で熊の意味で、街を造ったツェーリンゲン大公が最初に捕まえた動物の名を街の名前にすると言い、最初に捕まったのは熊だったのです。 そんな偶然から街のシンボルとなった熊は今ではクマ園の中で見ることができます。 (写真は、アーレ川に囲まれたベルンの旧市街地「世界遺産」… 2016.7.3)




ベルンの丘の上のバラ公園 バラ公園からはベルン旧市街を一望できる絶景ポイント!

旅行三日目、7月3日(日曜日)

 

午前中、ウィルダーズヴィル駅から登山鉄道でシーニゲプラッテ駅まで上り、高山植物園内を散策し、 ユングフラウ三山を眺めながら昼食を摂りました。 午後からはベルンの街のバラ公園から旧市街を見て、熊公園から時計塔までの市街地を散策しました。 その後、レマン湖の畔を走り、フランス領のシャモニーのホテルに到着。 夕食はスイスの郷土料理「ラクレット」



 

アーレ川に囲まれ、今も中世の面影を残したスイスの首都ベルン。 ニーデック橋からアーレ川を見る。赤レンガの屋根が美しい旧市街の街並み。
中世の佇まいを感じながら、街歩きを楽しむ。 花に彩られた噴水が点在する旧市街の世界遺産。
首都ベルンの旧市街は、ユネスコの世界遺産に登録されている美しい町です。 時計塔(熊の行進が時を刻む、町のランドマークタワー。)

 

世界遺産ベルン市内観光。 アーレ川にかかるニーデック橋の手前に、 熊公園があります。 熊はベルンの名称の由来になっており、市の紋章でもあります。
石造りのアーケードが約6q続きます。 バラ園から旧市街地が眺められ ます。赤レンガの屋根が美しく、高く見えるのは、ベルン大聖堂です。 左は天文時計、右はからくり時計。
旧市街の石畳を歩きながら、中世に思いをはせてみるのもいいですね。
レマン湖 シャモニー駅 ラクレットはチーズの断面を直火で温め、溶けた所をナイフで削ってジャガイモ等に絡めて食べる料理。
スイスの郷土料理「ラクレットチーズ」 三日目の宿泊は、フランスシャモニーのホテル。 メルキュール シャモニー レ ボッソン ホテル

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved