青森県五所川原市、「立佞武多の館」より出陣
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

                  |立佞武多の館から出陣立佞武多の夜間運行

五所川原市「立佞武多の館」

五所川原市「立佞武多」

 

「立佞武多の館」は、五所川原市の中心部に建てられた、高さ38m、地上6階の建物です。 立佞武多祭りに出陣する大型立佞武多を常時格納・観覧できるほか、新作立佞武多の製作体験、津軽の民工芸の製作体験、五所川原立佞武多のお囃子の練習など様々なイベントが行われる施設です。

(写真は、五所川原市「立佞武多の館」… 2019.8.5)

立佞武多の館のHPは、http://www.tachineputa.jp/index.php




「立佞武多の館」から出陣していきます。 五所川原市の中心部に建てられた、高さ38m、地上6階の「立佞武多の館」建物です。

立佞武多とは

 

五所川原市「立佞武多祭」とは、平成10年に約80年ぶりに復刻した青森県は五所川原市にて開催される夏祭りです。 立佞武多と呼ばれる、高さ約23m、重さ約19トンの巨大な山車が「ヤッテマレ!ヤッテマレ!」の掛け声のもと、五所川原市街地を練り歩き、その圧倒的迫力で沿道の観客を魅了しています。 運行は立佞武多の館に展示している3台の大型立佞武多と町内・学校・愛好会などでつくられる中型、小型のねぷたと合わせ、15台前後が出陣いたします。 県内は各地にねぶた・ねぷた祭りがございますが、代表格の青森ねぶた、弘前ねぷたと共に東北でも有数の夏祭りへと発展しております。



 

高さ38m、地上6階の、「立佞武多の館」 立佞武多祭りに出陣する大型立佞武多は常時観覧できる。 2019年制作「海幸彦山幸彦」
ここから立佞武多が出陣していきます。
五所川原立佞武多祭2019の有料観覧席。「一席:3.000円」 五所川原市内ホテルにて、夕食後、「津軽三味線の生演奏」 五所川原市のマンホール(五所川原立佞武多祭りに運行される山車をデザイン)。

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved