十和田湖 奥入瀬渓流
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

          |2019.8.5 / 奥入瀬渓流2014.9.1 / 奥入瀬渓流2007.7.6 / 奥入瀬渓流

奥入瀬渓流「阿修羅の流れ」

奥入瀬渓流

 

深い自然林におおわれた奥入瀬渓流。 両岸に迫る断崖は、軽石や火山灰が高温の状態で堆積し、熱と自重によって生成された溶結凝灰岩といわれるもので、奥入瀬の景観に迫力をもたらしています。 渓流に沿って流れとほぼ同じ高さに車道と歩道がつくられ、尾根や山腹の道から渓谷を眺めるのとは、また趣の異なった景観を味わうことができます。 森林美に魅せられて歩く約14キロの道のりは、感動の連続です。

(写真は、奥入瀬渓流「阿修羅の流れ」… 2019.8.5)

十和田湖国立公園協会のHPは、http://towadako.or.jp/




銚子の大滝 石ヶ戸の瀬

 

 

                    2019.8.5 / 十和田湖 2007.7.6 / 十和田湖

十和田八幡平国立公園「十和田湖」と十和田湖遊覧船。 右方向、乙女の像と十和田神社。

十和田湖

 

青森県と秋田県にまたがる湖で、約2,000年前の火山活動で出来た、すり鉢状のくぼ地に水がたまった典型的な二重式カルデラ湖です。 海抜400m、周囲は約46km、湖は最深326.8mと大きさは日本で12位、深さは日本で3位の美しい藍をたたえた神秘の湖です。 新緑や紅葉の季節はもちろん、冬の十和田湖も幻想的で心癒されます。新緑は5月〜6月、紅葉は10月上旬に色づき始め、10月中旬〜下旬頃が見頃です。

十和田湖国立公園協会のHPは、http://towadako.or.jp/



 

 
十和田八幡平国立公園「十和田湖」 十和田湖遊覧船、乗船券売場・待合所。 旧十和田湖町のシンボルマークとブナの原生林や湖と遊覧船。
奥入瀬渓流石ヶ戸の休憩所。(売店) 雲井の滝 石ケ戸休憩所付近で、6月末からクマの目撃が相次ぎ、 注意を呼び掛ける立て看板を設置。
奥入瀬渓流の散策スタート地点。 石ヶ戸の名前の由来である岩で桂の巨木に寄りかかるように倒れており、長い年月を経て岩の上部には木も生えています。

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2020 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved