四国八十八ヶ所 第三十五番 清瀧寺
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

清瀧寺「大師堂・本堂」と「薬師如来像」

厄除け祈願の薬師如来像「清瀧寺」

 

土佐路の中でも、難所のひとつに数えられ、一丁ごとに地蔵が置かれているゆえに「八丁坂」や「流汗坂」のような異名の付く、急坂の先に「清瀧寺」はあります。 今は道路が整備されていて、車で境内まで行く事もできます。 明治23年に土地の画家・久保南窓が描いた龍の絵が描かれた山門をくぐると、空に浮かんでいるような、高さ15mほどの最大級の薬師如来像が建っていて、台座の地下には戒壇めぐりがあり、ご真言を唱えながら狭くて真っ暗な階段を一回りすれば厄除けにご利益があるといわれています。
(写真は、清瀧寺「大師堂・本堂」と薬師如来像… 2012.12.23)




仁王門 仁王門の天井に龍の絵が描かれています。
本堂 大師堂
厄除け薬師如来像 修行大師像

 

石柱門 黄色く色づいた文旦 仁王門をくぐると、本堂まで急な石段が続きます。
高さ15mほどの最大級の薬師如来像 薬師如来像台座の地下には戒壇めぐりができます。 本堂軒先の龍の彫り物と干支が描かれています。
本坊 清瀧寺は、医王山の中腹、海抜400mのところにあります。(土佐市内の眺望)

 

       第三十五番札所   醫王山 鏡池院 清瀧寺 (いおうざん きょうちいん きよたきじ)
   清瀧寺「お納経」

 

 宗派:真言宗豊山派
 本尊:厄除薬師如来
 開基:行基菩薩
 創建:養老7年(723)
 真言:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
 〒781-1104 高知県土佐市高岡町丁568-1
 アクセス:伊野インターチェンジから、国道33号線、県道36号線で土佐市方面へ。

       仁淀川沿いに約3km走り、バス停宮の西先の四つ角を右折。

       仁淀川八天大橋を渡り左折。

 TEL:088-852-0316
 駐車場:普通20台無料。
 宿坊:なし
          第34番・種間寺     第35番・清瀧寺    第36番・青龍寺

 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved