長浜まち歩き
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

長浜城歴史博物館
長浜城歴史博物館
 

戦国時代末期に羽柴(豊臣)秀吉が城主として過ごした長浜城は、江戸時代前期に廃城になり、遺構は彦根城や大通寺に移築されました。 その跡には、僅かな石垣と井戸だけが残されていましたが、昭和58年(1983)に安土桃山時代の城郭を模して 「昭和新城」 を復元されました。 内部は歴史博物館として公開されています。 (写真は、長浜城歴史博物館… 2011.3.5

長浜城歴史博物館のHPは、http://www.city.nagahama.shiga.jp/section/rekihaku/




長浜城歴史博物館 長浜城歴史博物館
長浜城望楼から伊吹山を望む。 長浜城望楼から琵琶湖・竹生島を望む。

 

JR長浜駅前「豊臣秀吉と石田三成出会いの像」 北国街道と大手門通り交差点に「黒壁ガラス館」
大手門通りのアーケード西門。 豊国神社(長浜恵比寿宮)

 

大通寺表参道 山門
本堂 鐘楼と太鼓楼
長浜御坊「大通寺」
  総欅造りの山門をくぐると、そこは桃山文化の世界。 伏見城の遺構と伝えられる本堂や大広間をはじめ、円山応挙、狩野山楽・山雪、岸駒の襖絵、さらに国の名勝に指定されている庭園など長浜の心を育んだ美の数々と出会えます。 長浜に春をつげる愛らしい赤やピンク、白の房状の花を咲かせる馬酔木(あせび)の盆栽展。馬酔木は有毒で馬が食べると麻痺状態になるということから名付けられた花で、美しい壷形の小花を咲かせることから全国でも珍しいといわれています。



 

JR長浜駅

JR長浜駅

長浜城本丸跡

「長浜城歴史博物館」曳山まつりは、秀吉公が長浜を治めたときから始まりました。

黒壁ガラス館内

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁

翼果楼 長浜名物「鯖そうめん」 大通寺(名勝・含山軒庭園、枯山水の庭園は、伊吹山を借景とすることから、含山軒の名が生れた。)
曳山博物館 浅井長政公菩提所「徳勝寺」 小谷城主・浅井三代墓(浅井久政公、浅井亮政公、浅井長政公)
鮎茶屋かわせ 鮎塩焼き 鮎、ビワマス、鯉の盛り合わせ刺身


「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved