東寺の不二桜
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

                     |2011.4.7 / 桜の東寺2007.1.21 / 初弘法
五重塔をバックに「不二桜」
世界遺産「東寺の枝垂れ桜」
 

東寺は、平安京がひらかれたときに国家を守護する寺として創建された東西両寺のひとつであり、高さ57mの五重塔(国宝)で知られ、正式名は教王護国寺です。 大半を戦火で失ったが江戸期に再建され、南大門(重要文化財)、金堂(国宝)、講堂(重要文化財)、食堂が一直線に並ぶ伽藍配置は創建当時の特徴を残す。講堂には空海の密教思想を表現し、曼荼羅[まんだら]を立体化した21体の仏像が並ぶ。 宝物館は春秋のみ公開される。 東寺では毎月21日に行われている弘法市(弘法さん)は、境内を露店と人でうずめつくされ昔ながらの縁日風景です。 (写真は、五重塔をバックに「不二桜」… 2011.4.7)  

東寺のHPは、http://www.toji.or.jp/




東寺「南大門」 九条通に面する「五重塔」
国宝「金堂」は、桃山時代(慶長8年/1603年)入母屋造 本瓦葺。 京都のシンボル「五重塔」
食堂 国宝「五重塔」

 

不二桜(平成18年に三重県より移植された八重紅枝垂桜で、樹齢120年で 樹の高さが13mもあり、3月末から4月中頃に見事な花を咲かせます。 ) 五重塔(高さ54.8mは日本最高の塔で国宝)
しだれ桜「不二桜」 御影堂「大師堂」

 

南大門

慶賀門

宝蔵

拝観受付

金堂

講堂

講堂 鐘楼 大日堂

御影堂「大師堂」横の桜。

北大門「蓮池の亀」

北大門


「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved