赤穂温泉、福崎町かっぱ
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

JR福崎駅前広場「河童のガジロウ」

福崎町観光スポット

 

福崎町は、播州または播磨の国と呼ばれた兵庫県南西部に位置し、古くは東西と南北、それぞれを結ぶ街道が交差する交通の要衝として栄えた町です。 南北にはJR播但線と播但連絡道路、国道312号線が、東西には中国自動車道と県道三木宍粟線が走り、人や物が流れる動脈であることに変わりありません。
その一方で、周囲を緑の山々に囲まれ、中央部には清流市川が流れる、豊かな風土と歴史の遺産に恵まれた田園都市でもあります。 (写真は、JR福崎駅前広場「河童のガジロウ」… 2021.2.28)

福崎町観光協会のHPは、http://www.fukusakikankou.jp/



 

辻川山公園(河童が池から出てくる公園として有名なスポットです。) 河童兄弟の弟「ガジロウ」が、池の中から時々顔を出します。(9時〜 17時の毎時0分・15分・30分・45分に水中から飛び出てきます。)
妖怪小屋の逆さ天狗が、地上3mの位置につくられた気味悪い小屋から、扉のきしむ音とともに逆さまになった天狗が飛び出してきます。(手には大好物のもちむぎどら焼きを持っています。) 柳田國男の生家(民俗学のふるさと福崎町が誇る柳田國男。日本民俗学という新しい学問を開拓・確立した氏の生家は、眼下に町並みを見下ろす緑豊かな山腹に佇んでいます。)
辻川観光交流センター(将棋を指す河童のベンチ) 福崎町マンホール(柳田國男の著書「妖怪談義」に因んで福崎町には妖怪のキャラクターがたくさんいます。ふくちゃん、さきちゃん、ガジロウのデザインマンホールです。)
辻川山公園

 

 

河童が池から出てくる公園として有名なスポットです。 辻川山公園には様々な妖怪の立体物がそこかしこに展示され、特に有名な河童のガジロウは時間になると泡とともに池から顔を出して皆さんを驚かしてきます。 また、地上3mの位置につくられた気味悪い妖怪小屋から扉のきしむ音とともに、逆さまになった天狗が手に大好物のもちむぎどら焼きを持って飛び出してきます。

所在地:兵庫県神崎郡福崎町西田原1038-12  「駐車場アリ」

福崎町観光協会のHPは、http://www.fukusakikankou.jp/kappa.html



 

「JR福崎駅」駅前観光交流センター 河童の河次郎(ガジロウ)は、普段は池の中におり、時間になると、水中から飛び出てきます。 河童の河太郎(ガタロウ)は、お皿が乾き動けなくなり、池のほとりで固まっています。
鈴ノ森神社 福崎町立「神崎郡歴史民俗資料館」 福崎町立「柳田國男・松岡家記念館」
もちむぎのやかた 昼食は「銀の馬車道御膳」 播州福崎産「もちむぎ精麦」

もち麦

 

もち麦は大麦の一種で、水溶性食物繊維であるβグルカンを6.4%も含み、多くの人々から注目を集めています。 また、粘性があるのが特徴で、普通の麦より「もちもち」した食感が楽しめます。 日本では中国地方・四国地方・瀬戸内海に面した諸県と九州北部の諸県に僅かに栽培され、自家用として食され、福崎町では、古くからもち麦を栽培し、団子として食べていたという歴史があります。

もちむぎの館のHPは、http://www.mochimugi.jp/



 

 

旅行日程

   
 

1日目

2月27日(土曜日)晴れ

 

自宅11:00出発。 山陽自動車道「龍野西SA」下り、昼食「牡蠣バター塩ラーメン」。

宿泊先、赤穂温泉「潮彩きらら 祥吉」15:00到着。 

                    【兵庫県】 走行距離 157km。

 

2日目

 

2月28日(日曜日)晴れ

 

赤穂温泉「祥吉 潮彩きらら 」10:00出発。⇒香寺ハープガーデン。

JR福崎駅⇒辻川観光交流センター⇒辻川山公園散策⇒もちむぎの館「昼食」。

小野市、極楽山「浄土寺」参拝。

自宅16:00帰宅。         【兵庫県】 走行距離 187km。 総走行距離 約344km。

       
まとめ 赤穂温泉と牡蠣三昧
 

毎年恒例となっている、「赤穂温泉と牡蠣三昧」の旅行。 今年の牡蠣の生育は順調で、大きな坂越牡蠣を頂くことができました。

坂越のブランド牡蠣は、火を通しても縮みが少ないのが特徴で、 牡蠣会席に大満足いたしました。

帰りは、福崎町の妖怪や河童が住む「辻川山公園」。 また、福崎町の特産品「もち麦」使った食事を「もちむぎの館」で頂きました。 その後、兵庫県小野市が誇る、極楽山「浄土寺」へ、夕方になると、国宝・浄土堂内西側の蔀戸から西日が射し、床に反射して、仏像は赤く染まる「国宝・阿弥陀三尊立像(快慶作)」を参拝してきました。

 

※旅行中の感染対策は、三密「密閉・密集・密接」を避ける行動ができました。 マイカー移動、チェックイン時の検温、手指の消毒、館内マスクの着用、お風呂は混まない時間帯を選び、、食事はバイキング形式ではなく、個室や距離を空けての配膳など、他のお客様との距離を確保(ソーシャルディスタンス)など、万全を期していました。

 



 

 

「日本の夕陽百選」に選ばれた赤穂御崎。 赤穂が誇る冬の味覚「牡蠣」。地元瀬戸内で水揚げされる坂越牡蠣は味が濃く甘みも感じられる海のミルクです。

赤穂温泉

 

平成12年(2000)に開湯した赤穂温泉は、播磨灘に面した赤穂御崎周辺にあり、瀬戸内海を望む景観美が人気の温泉地。 瀬戸内海を見ながら入浴できる露天風呂を持つ宿など、7軒の温泉宿がある。 塩分を含む温泉は体がぽかぽかする保温効果がある。 また製塩の町として栄え、江戸時代には「塩の国」と呼ばれた。 播磨灘沿いに広がる赤穂海浜公園では、塩づくり体験施設もある。 春には約1700本の桜、夏は潮干狩りや海水浴も楽しめます。

泉質:ナトリュウムを含む放射能泉。
効能:消化器疾患・ストレス解消などありますが、特に美肌効果(お肌ツルツル)に優れています。

赤穂御崎「日本の夕陽百選」
 

赤穂御崎は瀬戸内海国立公園に位置した播磨灘を一望できる風光明媚な岬です。 穏やかな瀬戸の海に浮かぶ大小の島々、よく晴れた日には遠く四国の山並みまでみえます。 海岸に沿って敷かれた遊歩道は、切り立つ崖と岩礁を縫うように続くかと思えば、砂浜が広がる入り江、「ライオン岩」や「大石名残の松」といった奇岩・名所とあり飽きることがない。 春には梅や桜が咲き、毎日でも散歩をしたい風景が広がっています。 岬の高いところ建つ伊和都比売神社の大鳥居が、赤穂御崎の風景をより印象的にみせてくれます。 夕日に染まる岬に大鳥居のシルエットが映る姿には、筆舌に尽くしがたい美しさです。 「日本の夕陽百選」



 

山陽自動車道「龍野西SA」下り。 昼食は、牡蠣バター塩ラーメン「990円」 赤穂温泉
赤穂温泉 潮彩きらら「祥吉」 絶品「牡蠣のぷりテキ 一口牛ステーキ」 大粒の坂越牡蠣

 


Copyright(c) 2002 - 2020 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved