吉野山の上千本桜
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

          |2011.4.17 / 下中千本桜2014.4.17 / 上千本桜2010.12.4 / 金峯山寺

花矢倉展望台から「中千本・上千本」を望む
吉野山の千本桜「上千本」
 

吉野山には古来桜が多く、シロヤマザクラを中心に約200種3万本の桜が密集しています。 山桜が尾根から尾根へ、谷から谷へと山全体を埋め尽くしてゆきます。 シロヤマザクラは下・中・上・奥の4箇所に密集しており、「一目千本」を見える豪華さです。 下千本、中千本、上千本、奥千本と呼ばれており、例年4月初旬から末にかけて、下→中→上→奥と、山下から山上へ順に開花してゆくため、長く見頃が楽しめます。

(写真は、花矢倉展望台からの「中千本・上千本」… 2011.4.17)  




「上千本」への登り口 花見客で賑わう「上千本」
桜のトンネルを中千本行きのシャトルバスが走る。 金峯山寺「蔵王堂」まで望める。

 

花矢倉展望台は(上千本、中千本、金峯山寺「蔵王堂」まで望める絶好の展望スポット) 朱塗りの鳥居と楼門
吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ) 世界遺産にも登録されている「吉野水分神社」本殿は3殿を1棟とした珍しい建築。
世界遺産「 吉野分水神社(よしのみくまりじんじゃ)」
 

水を司る天之水分(あめのみくまり)大神を主神とし、みくまりが御子守(みこもり)となまって、俗に子守さんと呼ばれ子宝の神として信仰されています。 社殿は豊富(臣)秀頼が再建したもので、本殿、拝殿、弊殿、楼門、回廊からなる桃山時代の大変美しい建築です



 

吉野熊野国立公園「吉野山・上の千本」

満開の山桜

三郎鐘

吉野水分神社「楼門」

吉野水分神社「手水舎」

吉野水分神社「本殿」


「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved