都七福神まいり
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

   |都七福神まいりゑびす神社満福寺革堂六波羅蜜羅松ヶ崎大黒天赤山禅院東寺

 

都七福神まいり

七福神の由来

 

七福神とは、恵比寿神(えびすじん)、大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、弁財天(べんざいてん)、福禄寿神(ふくろくじゅじん)、寿老神(じゅろうじん)、布袋尊(ほていそん)という七人のメンバーで構成されており、彼らのうち恵比寿神だけが日本古来の神様で、大黒天、毘沙門天、弁財天はインドの神様、福禄寿神、老寿神、布袋尊は中国の神様です。
最初、大黒さんと恵比寿さんが盛んに奉られましたが、室町時代、禅と茶道が流行し竹林の七賢人などの絵が書院や茶室の床掛けに人気をよび、このため、七賢になぞらえて福神を七人にしようと恵比寿、大黒天に次々と神様を追加したとのことです。江戸時代から、京都の人は正月二日の夜に、宝船に乗った七福神の絵を、枕の下に入れて縁起の良い初夢をみようとしました。




弁財天(六波羅蜜寺・東山区) 大黒天(松ヶ崎大黒天・妙円寺・左京区) ゑびす神(ゑびす神社・東山区) 毘沙門天(東寺・南区)
寿老神(革堂・中京区) 福禄寿神(赤山禅院・左京区)
布袋尊(萬福寺・宇治市)

都七福神めぐり
  商売繁盛のゑびす神(ゑびす神社・東山区)、開運招福の大黒天(松ヶ崎大黒天・妙円寺・左京区)、信仰すると10種の福を得るとされる毘沙門天(東寺・南区)、金運の弁財天(六波羅蜜寺・東山区)、延寿福楽の福禄寿神(赤山禅院・左京区)、福徳・円満の布袋尊(萬福寺・宇治市)、子宝・長寿の寿老神(革堂・中京区)
大護符(色紙)
  民衆の間で信仰のあつい七福神は京都が発祥の地とされ、古くから巡拝が行われています。京都府内にある各寺社に参拝し、宝船の大護符(色紙)に7寺社の朱印を集めると「七難即滅・七福即生」七つの災いが消えて、七つの幸福が授かるそうです。 「ご朱印 300円。」


 


次は「布袋尊・万福寺」

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved