なにわの渡し船めぐり 甚兵衛渡船場と千歳渡船場
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

    なにわの渡し天保山甚兵衛千歳船町木津川落合上落合下千本松MAP
甚兵衛渡船場と自転車を押す乗客
なにわの渡し船めぐり「甚兵衛渡船場」
 

甚兵衛渡船場は現存する渡船場で唯一人名が付いた渡船場です。 大正区泉尾七丁目と港区福崎一丁目を結び(岸壁間94m)、朝のラッシュ時は2隻の船が運航している。 平成20年度現在1日平均約1.570人が利用している。 (写真は、甚兵衛渡船場と自転車を押す乗客… 2011.10.28

大阪市渡し船マップのHPは、http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000011242.html




「尻無川水門」は、大正区に流れる尻無川にあるアーチ型水門です。台風などで押し寄せてくる大阪湾からの高潮をせき止めるはたらきをもっています。 船内から「港区福崎桟橋」
甚兵衛渡船場アクセス
 

天保山渡船場を下船して、天保山公園を散策しながら、天保山大観覧車に乗る「大人:700円」。 大観覧車下のバス停のりばから⇒大阪駅または、なんば行きの市バスに乗車して、バス停「夕凪」で下車します。 交差点を右折して直進、目標「三先天満宮」を左に見て、尻無川に向かって徒歩約15分、「甚兵衛渡船場」の看板に突き当たります。

各渡船場の時刻表

  天保山大観覧車下にある「バスのりば」 三先天満宮 「甚兵衛渡船場」看板 「甚兵衛渡船場」乗船場。

 

甚兵衛渡船場「港区福崎待合所」

甚兵衛渡船場「港区福崎桟橋」

甚兵衛渡船場「大正区泉尾桟橋」

朝のラッシュ時は2隻の船が運航している。

甚兵衛渡船場「大正区泉尾7丁目」

甚兵衛渡船場「大正区泉尾7丁目」看板

甚兵衛渡船場
 

昔、尻無川の堤は紅葉の名所であった。 「摂津名所図会大成」 に 「大河の支流にして江之子じまの北より西南に流れて、寺島の西を入る後世この河の両堤に黄櫨の木を数千株うえ列ねて実をとりて蝋に製するの益とすされば紅葉の時節にいたりては河の両岸一圓の紅にして川の面に映じて風景斜ならず騒人墨客うちむれて風流をたのしみ酒宴に興じて常にあらざる賑ひなり河下に甚兵衛の小屋とて茶店あり年久しき茅屋にして世に名高し」 とあり、甚兵衛によって設けられた渡しにある茶店は 「蛤小屋」 と呼ばれて名物の蜆、蛤を賞味する人が絶えなかったという。



 

「千歳渡船場」通勤・買い物客で賑わう北恩加島桟橋 「千歳橋」は、大正区鶴町?大正区北恩加島間への架橋です。(全長:365m)
「千歳渡船場」鶴町桟橋 大正区鶴町と大正区北恩加島(岸壁間371m)間を運航している。
千歳渡船場アクセス
 

「甚兵衛渡船場」を下船して、一つ目の交差点「泉尾工業高校西」を右折して直進して下さい。 途中 「千歳渡船場・200m」 の標識があります。 さらに歩くこと約20分、千歳大橋が見えてきます。 「千歳渡船場」です。

各渡船場の時刻表

  交差点「泉尾工業高校西」を右折 「千歳渡船場・200m」の標識 千歳大橋が見えてきます。 千歳千歳渡船場

 

千歳橋

「千歳渡船場」北恩加島

「千歳渡船場」北恩加島待合所。

「千歳渡船場」北恩加島待合所。

「千歳渡船場」鶴町桟橋

千歳橋の石碑(千歳橋の由来)

千歳渡船場
 

この渡しは大阪港復興事業の一つとして大正区の内港化工事を行った際、既設の千歳橋が撤去され、その代わりの施設として設けられた。 昭和30年7月にそれまでの民営から港湾局の所管とし (同32年6月直営化)、同39年建設局に移管された。 大正区鶴町三丁目と大正区北恩加島二丁目 (岸壁間371m) 間を運航している。 平成20年度現在1日平均約750人が利用している。



 

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved