定山渓温泉
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

定山渓温泉
定山渓温泉
 
定山渓温泉は、190万都市札幌市から南西に約 30km、国道 230号を1時間ほど走ると、近代的ホテルや風情ある旅館が渓谷の中に現れます。 温泉名は慶応2年(1866年)、修行僧の美山定山が源泉を発見した事が由来。 札幌の奥座敷として人気が高く、札幌から日帰りで温泉を楽しむ人も多い。 泉質はナトリウム塩化物泉、効能は神経痛・関節痛・慢性消化器病など、源泉温度は 80〜90℃。
(写真は、定山渓温泉街… 2009.2.7)  



定山渓温泉街の入口 客室からの眺め…
客室から月見橋を眺める。 定山源泉公園
定山源泉公園
 
定山渓温泉の開祖・定山坊と札幌の母なる川・豊平川の河原に自然湧出する温泉に感謝し人々の交流、癒しの湯となる公園を整備され、定山渓の豊かな森を再現し、その中に足湯、ひざ湯、美人の湯、温泉卵の湯、湯の滝、山野草の小径などを整備しています。 公園のあずまやには慈愛に満ちた美泉定山の像が鎮座し、人々の無病息災を願っています。 園内は温泉でロードヒーティングが施され、冬期にも快適に足湯を利用できます。



章月グランドホテル 湯の町入口の名所「かっぱ家族の願かけ手湯」 見返り坂を下ると「湯の滝」
定山源泉公園 美泉定山の像 月見橋横に、カッパと温泉の案内板。
「かっぱ」 のモニュメント 豊平川に雪の造形美 足のふれあい「太郎の湯」

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved