石積みの里めぐり 大津市坂本
関西保険ライフ Top Pageへ旅と散策 Top Pageへ

全国各地の話題のスポット、世界遺産、温泉、お寺、岬、灯台など旅情報満載!

 

比叡山麓、石積みの里めぐり
石積みのある門前町…「坂本」
 

自宅からは名神高速道路大山崎IC⇒京都東IC⇒湖西道路を通れば、1時間も掛かりません。 朝早く現地に到着すれば、周辺に無料駐車場が点在しています。 しかし午後になると各駐車場は満車で長い渋滞の列ができるので、朝早い時間をお勧めいたします。 比叡山麓・石積みの門前町坂本を散策。 日吉大社⇒旧竹林院⇒滋賀院門跡⇒慈眼堂⇒日吉東照宮⇒坂本ケーブルなど約3時間ウオークを楽しんだ。

(写真は、比叡山麓「石積みの里めぐり」… 2009.11.23)  




「日吉馬場」 日吉大社へ向かう参道の両脇には石垣連なる里坊、石燈籠が並び、春には桜、秋には紅葉が眩しく、東方に見える琵琶湖とあいまって見事な景観です。 穴太衆積み石垣 「日吉馬場」
大正14年に建設された洋風木造二階建て駅舎「坂本駅」 坂本駅ケーブル
坂本ケーブル (日本一長いケーブルカー)
  石積みのある門前町坂本と、世界文化遺産である比叡山延暦寺の表参道として1927(昭和2)年に敷設された坂本ケーブル。 登録有形文化財に選定されたケーブル坂本駅とケーブル延暦寺駅間、日本最長の2025mを11分で結ぶ、パノラマワイドな窓をもつヨーロッパ調の車両「縁号」「福号」が人気を博しています。 途中、ケーブルカーには珍しい途中駅2か所や、橋梁7か所、トンネル2か所と変化に富む車窓からは、登るにつれて素晴らしい琵琶湖の景観が大きく広がります。


 

拝殿「日吉東照宮」 内部の木組み 彩りが鮮やかです。
日吉東照宮
 

徳川家康(1541-1616)の死後、彼を大権現と讃えて僧天海が建てた東照宮のうちの1つです。 江戸時代前期に完成したといわれています。 明治時代以降は、日吉大社の末社となっています。 唐門をくぐると透塀の中に、立派な社殿が立ち、日光東照宮に劣らず素晴らしいものです。 前方が拝殿、後方が本殿でこの2つの建物を石の間がつなぐという、いわゆる権現造といわれる構造をとり、いずれも総黒漆塗り・極彩色の豪華な社殿は目を見はるばかりです。 また、彫刻や装飾も絢欄豪華さを極めています。



 

旧竹林院 旧竹林院「曲水前」
旧竹林院庭園 旧竹林院境内南西にある回遊式庭園
旧竹林院
 

里坊のひとつで、延暦寺の中でも格式の高い寺院であった。庭園は国指定の名勝で、大宮川の清流を取り入れた曲水を主体にし、八王子山を借景としている。 築山も起伏に富み、五重の石塔、井筒などの石造物も多く残る。 天正年間に建てられた2棟の茶室と四阿(あずまや)は大津市の指定文化財。 紅葉の時期はライトアップされる。 「拝観料大人:310円」  TEL:077-578-0955



 

勅使門 5本筋壁がある主門 白壁築地塀(ついぢべい)塀に五本線が入っています。
滋賀院宸殿の西側に造られた庭園。縁側からゆっくりと鑑賞できるようになっています。 慈眼堂
滋賀院門跡
 

天台宗比叡山延暦寺の里坊を代表する門跡寺院で、延暦寺の本坊らしい堂々とした外構えを見せています。 約2万平方メートルという広大な境内は、内仏殿・宸殿・書院・庫裏・土蔵などが立ち並ぶ。 書院には、江戸時代初めの狩野派の障壁画)がたくさん見られ、豪華な雰囲気に溢れています。 また、名庭として知られる庭園は、宸殿の縁側から鑑賞することができます。 「拝観料大人:450円」  TEL:077-578-0130



 

社殿は石の鳥居をくぐり 急勾配の石段を… 日吉東照宮「拝殿」 拝殿内部
旧竹林院庭園 旧竹林院庭園 旧竹林院庭園
慈眼堂 坂本の町には、穴太(あのう)積みの石垣が見事な里坊が数多く残っています。 坂本の町には、穴太(あのう)積みの石垣が見事な里坊が数多く残っています。

「旅と散策」のTOPに戻る

Copyright(c) 2002 - 2017 tabisansaku.com Inc. All Rights Reserved